オンライン会議やオンライン授業での恥ずかしい失敗を防ぐ為のインジケータ「On Air Warning!」

みなさんはオンライン会議や学生さんであればオンライン授業で恥ずかしい思いをした経験ってありませんか?
利用をし始めた頃は、ちゃんと接続されているのかが心配になったり、設定がちゃんと出来ているのか心配になって何度も見直したりするのですが、次第に慣れて来るとそう言った確認もおざなりにり、時間前に入った為のカメラやマイクをミュートしていた事を忘れて、慌てて参加者から指摘されてONにしたりするのはまだ良い方です。
方や最悪なのは、マイクをONにしていて家族の会話が垂れ流し状態で流れていたり、カメラをOFFにしたつもりでそうはなっておらず自分の素の行動が包み隠さず流れていたり、上着はビシッとスーツで決めているのに、下半身やパジャマのままでそれが包み隠さず流れてしまった様な場合です。

こう言う時って会議や授業が終わるまではもちろんですが、暫くその余韻を引きずってしまいますよね。

そこで今回は視覚的にカメラやマイクの状態を表示してくれるインジケータ「On Air Warning!」をご紹介致します。


マイクとカメラに連動して点灯/消灯するインジケータ


今回紹介する「On Air Warning!」は画面の中に状態を表示する為のアプリではなく、物理的にインジケータを点灯/消灯させてくれるUSBデバイスであると言う点です。
画面の中のインジケータですとどうしても他のウインドゥ等にかき消されて目立たなかったり、目立つ様に大きさを変えたり配置したりすると邪魔になったりしますが、パソコンの外に取り付けるインジケータであれば絶対に目に入る位置に置いておけば見逃す事がありません。

しかもこの「On Air Warning!」はマイクはレッドで、カメラはブルーで、ONの時はバックライトのLEDが点灯してONになっている事を表していますので非常に分かり易くなっています。

但し対応するビデオチャットアプリは現在のところZoomとMicrosoft Teamsの2アプリのみですので、他のビデオチャットアプリを使っておられる方は対応しているのか要確認です。


接続できているかの確認ができるON AIRインジケータ


そしてこの「On Air Warning!」のもう1つ良い所は、ZoomなりTeamsが部屋に接続できているのか、オンライン状態であるのかを確認する為のインジケータを備えている事です。
と言いますのも既にアプリを起動していてZoomやTeamsのウィンドゥを最小化している事に気付かなくて何度アプリのアイコンをダブルクリックしてもアプリが立ち上がって来なくて焦ったりと言う事があります。
またこの他に会議や授業中に自分のマシンのアプリがフリーズしている事に気付かなくて音声や映像が来ないなぁ〜と思ってやり過ごして、随分経過してからアプリがフリーズしている事に気付いたりと言う事も、これもオンラインチャットではよくある事で、オンラインで接続されているかどうかをインジケータで表示してくれるのは分かり易いと言えます。


インジケータのカラーは変更可能


また変更できるカラーの数は少ないものの、インジケータの色はカメラ、マイク、ON AIRのいずれもアプリによって変更する事ができる様になっており、自分自身が分かり易いカラーに変えられます。

なおこの「On Air Warning!」が使えるのはWindowsとMacOSを搭載したマシンでChromeBookは対象外で、ChromeBookでオンライン授業を受けておられる様な方は注意が必要で、対応アプリを含めて詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/onairwarning/on-air-warning-know-when-youre-on

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です