Newガジェット

ロストバゲージしても大丈夫!!世界中どこにいても追跡可能なスーツケース「E-CASE」

 今までに飛行機を使って旅行に出かけて、預けたスーツケースだけが違う目的地へ飛んで行ってしまってせっかくの旅行が台無しになってしまったって経験はありますか?
ですがそんなロストバゲージ、今は全てバーコードで管理されトラッキングされていますので、欧米に行ったりする分には空港での仕分けもバーコードで完全に自動化されておりほぼ間違った目的地へ飛んで行くと言う事はなくなってはいますが、それでも地方の国内空港では今でも手作業で荷物の仕分けをしていますので、間違って違う便に乗せられてしまうと言う事がないとは言えません。それでも欧米では比較的見つけて2〜3日後には滞在先のホテル等まで届けてくれますが、これが東南アジアや発展途上国になると見つかるかどうかも怪しく、現にロストバゲージしたまま荷物が出て来る事はなかったと言う話も周りでは聞きます。
 そこで今までもロストバゲージ対策としてWiFiやBluetoothを使ってトラッキングできる様なスーツケースはあったのですが、Bluetoothは通信距離が短いですので極々近くにスーツケースがなければ見つける事はできませんし、WiFiもWiFiモジュールに登録してあるアクセスポイントがその場所になければ通信する事すらできませんから、居場所を知らせるなんて無理です。ですから、現状としてトラッキングできると謳ってスーツケースも周囲の環境によってはトラッキングできないケースの方が多いのです。

 ですがこの「E-CASE」はGPS受信モジュール(GPS,GLONASS,BEIDOU,AGPSの受信が可能)とGSM通信モジュールを搭載しており、世界中(日本,韓国以外)どの国へ行っても確実にその居場所を自分のスマートフォンで知る事ができるのです。しかも「E-CASE」でで使用しているグローバルSIMの最初の2年間の通信料は商品代金に含まれており、それ以降は1年あたり$9.99と激安です。


 と言う事で、「E-CASE」が世界中どこにいてもスマートフォンにインストールしたアプリケーションを立ち上げれば自分のスーツケースの場所を確認できるのは分かったかと思いますが、その他にも「E-CASE」には素晴らしい機能がたくさん搭載されています。

 その手始めとしてスーツケースと言えば鍵が必ず付いていますが、その開錠・施錠は3つの方法によって行えます。まず1つ目はスマートフォンにインストールしたアプリケーションです。「E-CASE」はBluetooth通信ユニットを搭載していますのでBluetoothを使ってスマートフォンと通信し、アプリケーションからロック・アンロックが行えます。ですがわざわざスマートフォンを出すのが面倒と言う場合は、指紋認証センサーが搭載されており指紋でロック・アンロックが行えます。しかも登録できる指紋は16個もありますので、家族で「E-CASE」をシェアしたとして、誰かが使う旅に指紋を再登録する必要もありませんし、もし友人や親戚に貸す場合も簡単い指紋の登録・消去はできますからスーツケースを貸して鍵を無くされると言う心配がありません。
 そしてもう1つがSMSです。GSM通信ユニットを搭載していますので、グローバルSIMに割り当てられたSIMの電話番号にショートメッセージを送る事で鍵の操作をする事ができます。これはスマートフォンとペアリングしていないだとか、登録した指紋を認証してもらえないと言った場合の最終手段ですが、物理的な鍵を持っていませんので、これだけ開錠・施錠の手段が用意されていれば鍵がなくても安心です。

 またこれら装置を動作させる為に3,000mAhのバッテリーを搭載しており、フル充電で最大240時間(約10日間)動作します(その為に光センサーや加速度センサーを利用してスーツケースが同じ場所に留まっている様な場合は飛行中はGPS電波の受信やGSMモジュールによる位置情報の送信を行わない様(飛行中に電波を出すのは航空法上NGなのもありますが)にして極力バッテリーが減らない数々の工夫が盛り込まれています)ので、ロストバゲージしたとしてもかなり安心度は高いと言えます。また「E-CASE」動作用のバッテリーの他に12,000mAhのモバイルバッテリーが搭載されており、スマートフォンやタレットと言ったデジタルガジェットの充電が可能です。

 その他にも空港での検査時にスーツケースを壊されない様にTSA標準ロックが備わっていますが、TSAロックで開けられた場合は即座に通知が行く機能や、Bluetoothを利用して盗難防止機能をONにしておけばもし「E-CASE」が盗まれて持って行かれる様な事があればスマートフォンにアラートを出しGPSで即座に追跡できる機能があるなど、空港で起こりうるあらゆる事象に対応できる様に設計されています。

 その様な「E-CASE」には20インチ(容積32L),24インチ(容積58L),29インチ(容積90L)の3種類が用意されていますので、詳細なスペック等は下記URLにてチェックして下さい

https://www.kickstarter.com/projects/144460106/e-case-1st-smart-check-in-luggage-with-gps-and-sca

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/77822

FDM方式の約10倍早く2K映像並の繊細な造形を可能にしたSLA方式3Dプリンター「Phrozen Make」前のページ

クレカサイズなのにiPad Proも縦置きできる折り畳み式スタンド「Standeazy Ultra」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    スケジュールやアイデアをマグネット付箋を使ってデジタルでもアナログでも管理する事のできる「Mover…

    みなさんはスケジュールやアイデアなどを管理する際にアプリの方が優れてい…

  2. Newガジェット

    手ぶれとはサヨウナラ。GoPro専用ジンバル「REMOVU S1」

    GoProは4Kで動画撮影できますので、その撮影された動画って最近では…

  3. Newガジェット

    色をスキャンし1600万色の色を作り出すフルカラー・ペン「CRONZY Pen」

    夏休みももう残り少なくなり、学校の宿題に追われている学生もいるかと思い…

  4. Newガジェット

    スマホに装着したままでもワイヤレス充電が可能な何度も脱着できるスマホグリップ「FlipGrip」

    スマホグリップって使っていますか?スマホグリップと言うのはスマート…

  5. Newガジェット

    世界初!?ひっくり返す事でレーザーSLAプリンターにもレーザー彫刻機にもなる「Rubanmaster…

    紫外線を照射する事で硬化する樹脂”レジン”は、アクセサリー作り等で使わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP