6層構造と3Dエルゴノミック構造によって完全に真っ暗な状態を作り出すアイマスク「Eye Mask」

世の中には明るくても、周囲がうるさくても、何時でも何処でも寝られると言う方と、周囲がちょっとでも騒がしかったり、明るかったりすると寝られないと言う方がおられます。
幸いにも最近は高性能な遮音性の高い耳栓や遮光性の高いアイマスクも売られていますが、アイマスクに至っては完全に光を遮断して真っ暗な真夜中と同じ状態を作り出せると言うものは皆無で、ただ目を覆って暗くすると言った程度のものが多く、例えばビーチの様な日差しが強烈に強い場所で完全に日差しを遮って完全に真っ暗にしてくれる様なものはなくアイマスク越しに生地の隙間を抜けて差し込んで来る光が赤く見えると言う様なものが殆どです。

そこで今回は完全に暗闇を作り出す事ができるアイマスク「Eye Mask」をご紹介致します。


3Dエルゴノミック構造


このアイマスク「Eye Mask」が完全に暗闇を作り出す1つの秘密は「Eye Mask」の形状にあります。
通常アイマスクと言えば目を覆う程度にくり抜いた生地にゴムをつけた程度のものが一般的で、これですと必ずどの様な顔形であっても、鼻の横の隙間、目の上、目の下、目の外側に出来た目の周囲の様々な隙間から光は漏れて入って来ます。

ですからこの「Eye Mask」では人種を問わず成人男女の顔の形状データから完璧に暗闇を作る、立体的な目を優しく覆う様な空間を持つ3D構造のマスクを作り出し、立体的に膨らんだエッジ部分が顔の形状に合わせて凹んでピッタリと目の周りを隙間なく覆う事で完璧な暗闇を作り出します。

また人間工学に基づいて設計されているだけあり、ピッタリと吸着はしますが圧迫感は感じない様にベルトの一部はゴムで伸縮する様にはなっていますが、、マジックテープで長さは調整できる様になっており、圧迫感のない付け心地の良いポイントでベルトは調整できる様にもなっています。


6層構造でパーフェクトに遮蔽


そして3Dエルゴノミック構造によって隙間を100%無くすだけでなく「Eye Mask」では何と種類の違う生地を6枚重ねる事でも遮蔽性を上げて夏の日差しの強烈なビーチで寝ても漆黒の闇を作り明かりが少しでもあると寝られないと言う方にベストな睡眠環境を作り出しています。

また全ての層は洗濯機での洗濯が可能な様にチョイスされている為に夏の様に汗をよくかく季節では毎日洗濯しても大丈夫な様に設計されていますので快適な上に清潔です。

また目は完全に密閉されますので夏に熱い部屋で寝てしまうと「Eye Mask」の中にたまった空気の暑さで起きてしまうかもしれませんが、逆に冬は熱がこもって逆に暖かですし、眼が疲れている時は逆に暖かな事が血行を促進して眼の疲れの解消を手助けしてくれますので、もし詳細をご覧になりたい方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/ostrichpillow/eye-mask-the-first-3d-ergonomic-eye-mask

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です