ほんの少しカーブさせただけで水切れがとても良くなったスクイージー「curved squeegee」

スクイージーと言うのは柄の先にゴム製のブレードがついた、よく窓掃除等でよく使うゴムベラの様な道具の事を差します。
スクイージーを使い水分をかき集めて来る事で、窓掃除ですと窓に水垢が残ったりしませんし、何より少ない水で窓ガラスに噴霧した洗剤を洗い流すだけでなく、ブラシや雑巾を使った場合と比較しても非常に短時間で掃除を仕上げる事ができるとっても便利な道具です。

またこのスクイージーは風呂の鏡以外にも壁に付着した水滴を落とすと言った事にも流用できますで、風呂場の乾きの悪い時期などは壁に付着した水滴を落としておく事でカビの繁殖防止にもなりますし、結果的に壁の掃除にもなっています。

そんなスクイージーのたった1つの欠点を少しカーブをつけるだけで解決した「curved squeegee」を今回はご紹介致します。


湾曲した面に使えるスクイージー


ではスクイージーが持つ欠点とは何かと言いますと、それは曲面には使えない事です。
基本的にスクイージーの形状はストレートな刃の様な形をしていますので、平面にはピッタリと密着しますが、洗面ボールの縁の様な湾曲した面ですと押しつけたとしてもほんの一部分しか当たらないので、こう言った湾曲した場所は別途、キッチンペーパーや雑巾等で拭き上げなくてはいけません。
ですがこの「curved squeegee」はヘの字にカーブさせた面を使う事で曲面にもフィットさせる事ができますし、洗面ボールの中の様に平らな場所がない湾曲している様な場所では当たる面も短い方が押しつけやすいと言うメリットもあります。

更にキッチンのシンクのコーナーの様なRを描いている上にバンクがつけたある様な場所は、一般的なスクイージーでは絶対水を切る事はできませんが、この「curved squeegee」なら楽々と簡単に水を切る事ができます。


スクレーパー代わりにも


またこの「curved squeegee」は水分を切る以外にもスクレーパーの様に、お皿や鍋やフライパンに残した、付着したソースや食べ残しをかき集めて落とすと言った用途にも使え、最初からスポンジに洗剤をつけて洗うよりも先に「curved squeegee」を使いお皿や調理器具に付着した残飯を取り除いておく事で洗剤や水の節約にもなります。


疲れない形状


またこの「curved squeegee」は少しカーブしているだけなのですが、このカーブがとても使い易く、力を入れやすく、しかも力を入れなくても水切りが出来ますので疲れません。
一般的なスクレーパーは使用する時に斜めに倒した状態で使います。窓拭き用のスクレーパーの中にはゴム製ブレードの部分が最初から曲げられて斜めになっていたりするものもありますが、どちらにしても拭き上げる面に対して垂直に押しつけないとゴム製のブレードは密着しませんので、以外とこの押しつけながら引くと言う動作が筋力を使いますので疲れます。

一方この「curved squeegee」はカーブが付けられているだけでなく柄(ハンドル)の部分がない事で手の重みでTPE(熱可塑性エラストマー)製のブレードの部分を拭き上げる面に密着させる事ができ力を入れなくても綺麗に水切りが出来る様になっており、疲れない様な工夫もなされていますので、もし興味を持たれた方は詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/habitamin/handy-curved-squeegee-with-four-types-of-blade-design

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です