音響にも拘った100インチ4K画質投影が可能な3600ANSIルーメン、レーザープロジェクター「JMGO U2」

プロジェクターの光源は元々は水銀ランプを使っていましたので、スイッチを入れてから実際に投影するまでの時間が結構かかるだけでなく、大きく投影しようとすれば凸レンズで映像を拡大してスクリーンに投影しますので、映像のサイズに比例する形でプロジェクターからスクリーンまでの距離が必要でした。
ですがLEDやレーザーを使った光源はフレキシブルに投影方向を変更できるだけでなくレーザー光源は水銀ランプ水準とまではいかないものの明るくなっており、日中にカーテンを閉めた部屋や夜間のちょっと暗がりにした部屋でも十分ハッキリとした映像を楽しむ事ができます。

そこで今回は液晶テレビとほぼ明るさの変わらない3600ANSIルーメンレーザープロジェクター「JMGO U2」をご紹介致します。


ほぼ距離を取らなくても投影可能


レーザープロジェクターの1番のメリットは設置する場所や方向を選ばない事です。
投影するスクリーンや壁に対してレンズ部分をほぼ水平に置かなければならないと言う制約はありますが、設置の制約はただそれだけで、壁にほぼピッタリとひっつけて置いたとしても最大100インチサイズの映像を投影できるのがレーザープロジェクターの最大のメリットです。

またスクリーンや壁に近づけて設置する事でレーザーは元々光の減衰はないもののより明るく投影する事ができます。

では何故レーザープロジェクターはスクリーンや壁から近くても映像を歪まずに投影できるのかと言いますと1本のレーザー光源をレンズによって屈折し壁に照射する事で1枚の映像を作り出しているからでプロジェクターからスクリーンまでの位置関係を把握する事で歪まない映像を投影する事ができます。

そしてこの「JMGO U2」は白の光源(元は青レーザーを蛍光体に照射する事で白色に発光させている)ではなく赤、青、緑と言った光の3原色のレーザー光源を用いて投影していますので、映像は鮮明で投影画像が4Kサイズなだけではなく鮮明度も申し分ありません。


MEMC技術


またこの「JMGO U2」にはMEMC(動き推定と動き補償)技術を取り入れています。
このMEMCはピクチャフレーム予測アルゴリズム+フレーム生成アルゴリズムを使用し、2つのフレームの間に計算された中間フレームを挿入する事で動きの速い映像をブレずに表示させる技術で、レーザープロジェクターの場合元々リフレッシュレートはそれ程高くないのでゆっくりな動きの映像では全く分からないのですが、アスリートの方が早いスピードで走ったり飛んだりするとどうしてコマ落ちする事からカクカクとした映像、残像が残って流れる様な映像になりがちなのですが、それを防ぎます。

またMEMC技術により動きの早い3D映像なども滑らかに再生します。


ハイクオリティーサウンド


そしてこの「JMGO U2」は映像だけでなく音質も拘っており、何とこの筐体の中に15Wのフルレンジスピーカー2台に10Wのツイーター2台を内蔵しDolbyとDTSの認証の取得している事からも音質に関してはかなり期待が持てますし、通常はプロジェクターに内蔵されているスピーカーはサウンドの確認用として内蔵されており本格的なサラウンドサウンドを堪能しようと思えばスピーカーセットを別途設置しなければならないのですがこの「JMGO U2」においてはこの「JMGO U2」だけで十分に音質に関しても満足できますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/jmgo/jmgo-u2-ultra-hd-4k-tri-color-laser-projector

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です