Newガジェット

水深最大100mの世界を4,000ルーメンのLED照明で照らし出し4K画質で撮影する事が可能な水中ドローン「FIFISH P3」

みなさん、水中では太陽の光ってどれくらいの深さまで届くのかご存じでしょうか?
一般的には太平洋の真ん中の様な周囲に何もない汚れていない海域ではおよそ200mと言われていますが、沿岸部ではどうしても河川から流入した水によって海水が汚濁しその透明度は下がり、例えば透明度が1m(肉眼で海中のモノがハッキリ見えるのが1m先までと言う事です)であれば有光層と言って光りの届く範囲は20m程度と言われており、そこから下の領域ではライトの光がないとハッキリと識別する事ができません。

なので水中撮影用のドローンもそう言う海域で撮影しようと思うとライトの光なくしては撮影できませんし、何と言っても周囲がハッキリ見えていないと何かにぶつかったり引っ掛かったりして、ドローンを回収する事ができなくなってしまいます。

ですが今回紹介します水中ドローン「FIFISH P3」は何と4,000ルーメンと言う非常に明るい照明装置を搭載していますので、透明度が高ければ有光層以下の領域であっても10m先、20m先を優雅に泳いでいる魚影をしっかりと捉える事ができます。


ではこの4,000ルーメンと言う明るさがどれくらい明るいのかと言いますと、昼光色の60Wの照明器具程度の明るさがあり、10畳程度の大きさの部屋の照明器具となります。
つまり皆さんがいつも過ごしている6畳や8畳の部屋であればこの「FIFISH P3」が1台あれば部屋の隅々まで十分に照らし出す事のできる照明の能力を持っている事になります。

ですからこの「FIFISH P3」では最大深度が100mもあるのですが、もし光が届かなくても画角162° F2.8レンズと4K撮影可能な高性能のCCDとで周囲をハッキリ、クッキリと捉える事ができますので、沈没船の遺品探索と言った用途にも十分使用する事ができますし、カメラの数m前を泳いでいる魚影も見逃す事はないでしょう。

そして水中の運動性能の高さも見逃せませんし。この「FIFISH P3」には前後進・旋回用のスクリュー2機と浮上潜行用の合計3機のモーターが搭載されているのですが、たった3つのモーターでその場で停止した状態で旋回する性能を持っていますので、例えば洞窟や沈没船の中と言った場所でもぶつかる事なく障害物を避けて進む事ができます。
またスクリューには海藻の森の様な場所に入り込んでしまった場合にスクリューに海藻が巻き付いて航行不能にならない用にガードがついているのも安心です。

また「FIFISH P3」の操縦に関しては専用のコントローラーにスマートフォン(モニターとして利用します)を組み合わせて操縦するのですが、航行した奇跡をメモリーする機能があり、水中のどこに「FIFISH P3」がいるのかが手に取る様になっている他、もし方向を見失ってしまった様な場合はボタン1つで戻す機能もありますので、バッテリーが少なくなり闇雲に操縦して「FIFISH P3」をロストする様な事がない様にも設計されていますので、初心者の方でも安心してお使い頂ける水中ドローンになっています。

なお詳細なスペック等は下記URLにてご確認ください。

https://igg.me/at/FIFISHP3/x/7929074

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79521

災害時に役に立つ!!ティーキャンドルたった1個で最大6時間も点灯し続ける電源不要のLEDランタン1前のページ

世界初!!モバイルバッテリーで暖まるヒーター内蔵フィルパワー700のグースダウン・ブランケット「Rakin」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    3Dペンの3Dsimoが進化して多機能化した「3Dsimo mini」

    3Dペンでも比較的老舗!?の3Dsimoがリリースした「3Dsimo …

  2. Newガジェット

    いつでもどこでもピタッと貼り付けられ、スタンドにもなるナノサクションパット「flipstik」

    みんさんはナノサクションパッド、マイクロサクションパッドと言う何度も貼…

  3. Newガジェット

    乾電池を100%使い切る電池アダプター「Batteriser」

    乾電池って実は使えないかな?と思っていても実はまだまだエネルギーは残っ…

  4. Newガジェット

    MacBook Pro 2016(Late)専用USB-Cマルチアダプタ「HyperDrive™ C…

     昨年末にAppleから発売されたMacBook Pro 2016(L…

  5. iPad

    ユーザーの声で進化を続けるEpomaker キーボードに新たに加わるフルキーボード「Epomaker…

    Epomakerと言う世界中のカスタマーに最適なメカニカルキーボードを…

  6. Newガジェット

    周囲の状況を気にせずに73もの言語を理解し翻訳する音声翻訳機「CheetahTALK Plus」

    みなさんはスマートフォンの音声翻訳アプリや、音声翻訳機を使ってみられた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP