最強の強度を持ち、6万回の屈曲検査にも耐える2種類のチップが付属するマグネットケーブル「ANCHOR」

 AppleがMagSafeと言う磁石の力で接続する電源コネクタをMacBookに採用した後、スマートフォン向けとしてmicroUSBからiPhoneで使われているLightning端子、そして今では新しいAndroid端末の殆どが採用しているUSB-Cコネクタまでもがマグネット化され色々なメーカーから発売されています。

 そんなマグネットケーブルに今回紹介する最強のマグネットケーブル「ANCHOR」が登場しました!!


 この「ANCHOR」の最強さについては2つの意味で最強な部分があります。1つはこの「ANCHOR」には2つのチップ(接続端子)が付属し、そして選べます。通常、ケーブル1本にチップ1つと言うのがよくあるパターンなのですが、この「ANCHOR」はmicroUSB,Lightning,USB-Cから2つを自由に選択する事ができるため、例えばiPhoneとiPad用にLightiningチップを2個とか、モバイルルーターとiPhone用にmicroUSBとLightningチップをそれぞれ1つずつ選ぶと言った事ができますので、ケーブル1本で2つのデバイスを充電する事ができます。

 そしてもう1つの最強はケーブルの強さです。この「ANCHOR」ケーブルはケーブルを覆う皮膜にスチール製のフレキシブルチューブを巻いていますので、物理的にケーブルそのものが2つに切断されない限り断線すると言う事がありません。
 よくナイロン繊維を巻いたケーブルで自動車を引っ張っても大丈夫!!と言う様な宣伝をしているケーブルがありますが、新品のウチは確かにそう言う強度を持っていても、使っているウチに紫外線によって繊維は劣化して脆くなり切れやすくなって行きますし、ナイロンですから踏まれたりすれば簡単に変形しますのでそれが中の芯線を圧迫して断線に原因担ったりするのですが、この「ANCHOR」はスチール製のチューブが巻かれている為に踏まれても変形すると言う事はありませんし(10tダンプでもケーブルの上を通過すれば別ですが….)、また紫外線でも劣化する事もない事もありまず通常の使い方では切れる事はないので「ANCHOR」は一生涯保障を明記するくらい強気です。

 しかも6万回と言う折り曲げ試験をしてもない断線しないと言うのですから、その耐断線性能は本物と言えます。


  そしてこの「ANCHOR」はマグネットコネクタの磁石として強力がネオジウム磁石を使用する事で5.5インチのiPhone7 Plusでも磁力だけで楽々と持ち上げる事ができる事ができるのです。この磁力、実はマグネットケーブルにおいては非常に重要なファクターで、マグネットコネクタの構造としてメス側のコネクタ(ケーブル側)は通電する電極(端子)が飛び出ており、この飛び出た電極(端子)がオス側のチップの電極に押し付けられる事で導通して電気が流れるのですが、この押し付ける力が弱いとコネクタ同士は磁力でひっついている様に見えていても、実際はコネクタ内部では電極同士が微妙に数ミクロンと言った単位で離れている場合があり、時々お買い得なケーブルを購入するとコネクタはちゃんとズレないでひっついているのに実際には充電されていなくてバッテリーが充電されていないと言う事があるのですが、この「ANCHOR」に関してはネオジウム磁石を使って強力に電極を押し付ける様に最初から設計されていますので、そう言う心配が全くありません。

 なおこの「ANCHOR」ではケーブル長は1.2mで流せる電流は最大2.1Aとなりますので、詳細なデータや仕様につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/711921138/anchor-cable-last-cable-you-will-ever-need-0

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/78331

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です