最初から着せておくからワンアクションで抱ける、おんぶも可能な抱っこひも「Lalabu Wearabu」

外出したり家事をしたりする時に便利な抱っこひもやおんぶひもですが、この抱っこひもを使った事がある方、そして今使っている最中の方が一番気を使うのが抱き上げたり下ろしする時に大切な赤ちゃんを落としはしないか、と言う事です。

抱っこひもも、おんぶひも(両方いけるハイブリットなのもありますが)、昔とは比べて改良されて随分と抱いたり下ろしたりする時に安定して安心してできる様に様々な工夫が施され、抱っこひもを先に赤ちゃんに着せておいてから抱き上げて肩紐も自分の肩にかけるものや、先に両親が抱っこひもをつけた状態にしてから赤ちゃんを入れるタイプのものでも一番引っ掛かって厄介な赤ちゃんの手や足が入れやすい様に様々な工夫が施されています。

ですから一昔前に比べると随分と抱きやすく、下ろしやすくなっているのですが、その抱き下ろしの瞬間に赤ちゃんに暴れられても安全かと言うと、決してそうとは言えませんし、途中不安定になる要素は多々ありますので、子育てに疲れていて危うく手が滑って落としそうになる事もあるでしょう。

ですが今回紹介します「Lalabu Wearabu」では安心安全に赤ちゃんを抱き下ろしする工夫がいくつも施されている上に抱き上げたり下ろすのに外したり・引っ掛けたりと言う動作は一切ありませんので非常にスピーディーに赤ちゃんの抱き下ろしができる様になっています。



では実際にはどの様な構造になっており、どの様に抱き下ろしするのかを説明して行きます。

まずこの「Lalabu Wearabu」は2ピース構造になっており、赤ちゃんの装着するウェアと親が肩に引っ掛ける紐の部分に分ける事ができます。

そして赤ちゃんが装着するウェア、これがこの「Lalabu Wearabu」の一番の特徴でもあるのですが、先にウェアを着せておく事で抱き上げたり下ろしたりする時に赤ちゃんに何か着させると言う作業が全くないので、寝ている子どもをそのまま抱き上げる時でも、赤ちゃんを持ち上げたり向きを変えたりと言う事がありませんので、神経質なお子さんでも抱っこするのに起こされて機嫌を損ねるなんて事がないのです。
しかもベルトで固定するのではなく、赤ちゃんのボディーを布で覆っていますので、ベルトが皮膚に食い込んだりと言う事もないので赤ちゃんの方も快適なはずです!!

そして抱き上げる時も肩にかけるベルトに腕を通し、そして赤ちゃんの脇をかかえた状態で抱き上げ、そのままベルトはスライドさせて肩にかけるので、赤ちゃんをかかえる手が滑ったとしても抱き上げる時点で肩紐は腕を通していますので腕に引っ掛かり床に落ちると言う事は100%ありませんし、また肩紐もシャルを着るのと同じ様な動作で肩にかける事ができますので、肩紐を肩に引っかけるのに変な体勢になって身体のどこかを捻って傷めると言う事もないのです。

と言う様に非常にスピーディーに簡単に赤ちゃんの抱き下ろしができますので、ちょっと赤ちゃんが下りて歩きたいと主張した時でも、今までなら抱き下ろしが大変だからと抱っこし続けて愚図られたりしましたが、「Lalabu Wearabu」を使う事で下ろしてもすぐに抱き上げる事ができますので、赤ちゃんにとっても親にとってもメリットの大きい抱っこひも(おんぶもできます)なのです。

そしてこの「Lalabu Wearabu」にはカンガルーの袋の様なものがついた新生児を入れて抱っこできる袋がついたシャツが、男性用として”Lalabu Dad Shirt™”、女性用として”Lalabu Soothe Shirt®”が用意されていますのでもし興味がある方は合わせて下記URLにて詳細はご覧ください。

https://igg.me/at/wearabu/x/7929074

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です