スマホと一緒に充電器の上に乗せるだけで同時に充電可能なQiワイヤレス充電対応モバイルバッテリー「WiBa」

ワイヤレス充電Qiに対応したiPhone 8/ 8 Plus/ Xが昨年末に発売されたおかげでQiワイヤレス充電対応の充電器は様々なメーカーから一気にリリースされて種類も増え価格も大幅に下がりました。
一方、Qiワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーはと言うとiPhone以外のAndroidスマートフォンもQIワイヤレス充電に対応したものが増えて来ている事もあり数はまだまだ少ないのですが、少しずつ増えて来ています。

ただそのモバイルバッテリーそのものはQiワイヤレス充電には対応しているものの、モバイルバッテリーはワイヤレス充電にはなっておらず未だにケーブルを差し込んで充電しなければならないので非常に面倒に感じておられる方も多いはず。

そこで今回はモバイルバッテリーそのものもケーブルレースで充電できるQiワイヤレス充電対応モバイルバッテリー「WiBa」をご紹介致します。


この「WiBa」はQiワイヤレス充電パットとQiワイヤレス充電可能な内容量5,000mAhのモバイルバッテリーで構成されており、モバイルバッテリーの方は最大5Wでワイヤレス充電できる他、USB-Cコネクタを装備しておりケーブルで最大5V/2.1Aで充電できる他、USB-Cコネクタを使って最大5V/2Aでも急速充電する事ができます。

一方Qiワイヤレス充電パットの方もUSB-Cコネクタを装備しており、付属の電源アダプタを使う事で最大10Wでのワイヤレス充電(iPhoneの場合は7.5W)が可能になっています。
つまり、Qiワイヤレス充電パットの上にスマートフォンを置くと急速充電、モバイルバッテリーの上に置くと普通充電になります。

そしてここがこの「WiBa」の最大の魅力でもあるのですが、Qiワイヤレス充電パットの上にモバイルバッテリーを置く事でモバイルバッテリーを急速充電しつつ、モバイルバッテリーから同時にスマートフォンをワイヤレス充電する事ができるのです。

つまり、Qiワイヤレス充電パットの上にモバイルバッテリー、そしてその上にスマートフォンを置く事でモバイルバッテリーとスマートフォンをケーブルレスで同時充電する事ができるのです。

※ただし、モバイルバッテリーはワイヤレス充電されるのではなく、充電パットの電極とモバイルバッテリーの電極を接触させる事で通電して充電されますのでズレない様に置かないといけません

そしてこの「WiBa」にはもう1つ便利な機能があり、それはスマートフォンを使いながら充電できる機能です。
具体的にはモバイルバッテリーの方には磁石が内蔵されており、スマートフォンに付属の金属プレートを貼り付ける事でモバイルバッテリーにスマートフォンが吸着され歩きながらでも充電する事ができるのです。

また吸着する事でバッグの中に抱き合わせて入れておく事でズレる事なく充電できるのも魅力ですので、詳細につきましては下記URLにてご覧ください。

https://igg.me/at/wiba/x/7929074

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です