インターナルギアを上手に利用し、予定を記入できる上に長さも測れる実用性バツグンなチタン合金製カレンダー「PLANETARY CALENDAR」

最近の人は今日が何日か知るのにスマートフォンを使い、そしてスケジュールもアプリで管理すると言う方が増えています。
ですが中には昔ながらの壁掛けのカレンダーを併用して使い、そしてそこに予定を記入していると言う方もたくさんおられます。

と言いますのも壁掛けのカレンダーはパッと見て1ヶ月ないし2ヶ月分のスケジュールを俯瞰的に見る事ができる上にいつでもその場所に行けば見る事ができると言うメリットがあります。
一方スマホはその都度、アプリを起動しなければなりませんし月間カレンダーにするとスケジュールの入っている日はわかるのですが内容までは見えませんし、たくさんのスケジュールをスマホで入れるのは大変ですし、通知設定をしておかないと忘れると言う事もありますし、通知設定をしてもスマートフォンの通知を見なければ何にもなりません。

ですが壁掛けのカレンダーであれば、リビングの壁やキッチンの冷蔵庫、トイレのドアや壁等に貼っておけば見る事がないと言う日はほぼありません。

ただ便利とはわかっていても壁掛けのカレンダーは我が家には合わないと言う方もおられるでしょう。

そこでちょっとした予定なら記入する事のできるインターナルギアを模したカレンダー「PLANETARY CALENDAR」を今回はご紹介致します。


このインターナルギアと言うのは日本語では内歯歯車と言うのですが、機械式時計や自動車のギアとしても使われているギアで、普通は外側につける歯を内側につける事で限られたスペースを有効的に使う事ができるギアで、遊星ギアなどは何個ものギアを内側にはめ込んで回す事でトルクを上げたり減速したりする事ができます。

そしてこの「PLANETARY CALENDAR」では外側のギアに31枚の歯をつけ31日分の日付をプリンとし、内側を回るギアに7枚の歯をつけ曜日を刻む事で、内側のギアの歯を1枚だけ回す事で外側のギアが周り日めくりカレンダーの様にカレンダーを進めて行く事がでる様になっています。

そしてこの「PLANETARY CALENDAR」は床や机と接している数字と曜日が今日の日と曜日を表す様にうまくギアの大きさや重量を計算して作られています。

更にこの「PLANETARY CALENDAR」はアルミ合金とチタン合金製の2種類が用意されているのですが、鉛筆や水性ペンでちょっとした予定であれば書き込んで簡単に消す事ができますのでインテリアとしても最高ながら予定も書き込めますので非常に有用的なカレンダーと言えます。

またこの「PLANETARY CALENDAR」の1の数字の脇を見ると”cm”と刻まれているのが見て取れます。これはこの「PLANETARY CALENDAR」が何と定規としても使える事を意味しており、実際にこの「PLANETARY CALENDAR」の日付は長さとしても読み取れ、例えば31日のラインから転がして10の所まで転がったとするとその長さは10cmと読み取る事ができますので、たまに長さを測るのに定規が見つからなくて困っている様な時にもこの「PLANETARY CALENDAR」は役立つのです。

そんな実用性とインターナルギアと言う独特のデザインを気に入られた方は是非下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/131838102/perpetual-ring-calendar-by-athlone-designs

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/80164

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です