マクロを使わなくてもたった1つのキーで特殊機能を発動できるNキーロールオーバー・アナログキーボード「Wooting two」

PCゲームをプレイされる方にとってキーボードやマウスと言った操作デバイスはパソコン本体同様に勝敗を分ける重要なカギを握るガジェットとなります。
つまりゲームをする上でゲーム専用のキーボードやマウスを使うと言う事は、同じ腕前だとするとゲーミング用として作られたキーボードやマウスを使った方が確実に勝つ事ができます。

と言いますのもゲーミングキーボードにはマクロ機能と言って、特殊効果や技を出す際に複数のキーを同時に押したり、順番に押したりして発動させますが、この動作をキーボードに覚えさせてボタン1つで出せると言う機能があり、その特殊効果を出す事(キーを押すこと)にとらわれず自分のキャラを安全に移動させたり守ったりする事ができますし、キー操作の回数が減りますので手の疲労の蓄積も減りますし、何と言っても100%の確率で誰よりも早く特殊効果を出す事ができます。

それがゲーミングキーボードの最大の特徴であり、この他にもNキーロールオーバーと言って、USB接続のキーボードは同時に複数のキーを押した時に最初のいくつかのキーしか認識せずに後から押したキーや先に押したキーを押しているにも関わらずパソコン本体にその信号を送らないと言う制約があったりするのですが、このNキーロールオーバーを謳っているキーボードではその制約がありません。

そして今回紹介します「Wooting two」はNキーロールオーバーに対応しているのはもちろんのことテンキーのついたフルキーボードになり、マクロ機能よりもずっと操作性の高いアナログキーを使ったキーボードになります。


ところでアナログキーって何?って思われたかもしれませんか、普通のキーボードのキーはアナログに対してデジタルキーとでも言いましょうか、ONかOFFの切替しかないのですが、アナログキーは言うなれば車のアクセルの様なもので、押し込んだ(アクセルなら踏み込んだ)量を検知し伝えるキーで、言うなればキー1つで車のアクセルの代わりをする事ができるのです。

ただゲームでアナログキーをサポートしているゲームはなくこのキーボードをどの様に使うのかと言いますと、どれくらい押し込んだ時にどう言うキーが押された事にするのか?と言う事を設定する事で疑似的に1つのキーに複数の機能を割り当てる事ができるキーです。

例えばこのキーボードのキーは沈み込む深さで1.5mmの位置から3.6mmの位置まで検出する事ができるのですが、レーシングゲームにおいて1.5mmの位置をスピード1,2mmの位置をスピード2、3.6mmの位置をスピード3に切り替えるキーを割り当てておけば沈み込む深さに合わせて疑似的に押しているキーの信号を変えて出す事で車のスピードを変える事ができます。
またマリオカートの様にキーを押している間はずっと加速して離すと減速する様な設定のゲームの場合、押したり離したりを断続的に繰り返す事でスピードを調整する事ができますが、アナログキーではその押している深さで連打のスピードを疑似的に生成してスピードを変える事ができたりもするのです。

それを3パータンまでキーボードに記録しておけますので、マシンが変わったとしてもパソコン側は何もいじる必要はなくただキーボードを繋げれば自宅と同じ様に使用する事ができます。


またゲーミングキーボードを使っている方は自分の指に合った重さのキーに交換できる事は当然、ご存じだと思います。
代表的なキーがCherry MXですが、この「Wooting two」にも押下圧55cNのキーが2種類と85cNのキーが1種類の計3種類が用意されており、予め3種類のキーがセットしてあり、好みでキーを交換できるバリエーションも用意してあるなど、とことんまで使いやすさ、ユーザーフレンドリーさを追求したキーボードとなっていますので、もうし興味のある方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/wooting/wooting-two-the-full-size-analog-mechanical-keyboa

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です