SAFEキーチェーンキャリーで安心して携帯できるEDCナイフツール「Prylobite」

ナイフを1本、バッグの中に入れたり、キーチェーンに引っ掛けておく事で助かる事ってよくあります。
例えば、衣服の糸が解れている様な場合、そのまま引っ張って切ろうすると更に解けて最悪な状態へなって行きますが、切る道具があればそれを最小限に抑える事がありますし、ダンボールやパッケージのテープを切ったりして開ける様な時もナイフが1本あれば綺麗に開ける事ができます。

ただナイフの場合、一番気になるのが刃の飛び出しと、刃の収納のし忘れです。どちらも怪我に直結しますので、目に見える形で、完璧にロックされて刃が100%出ては来ないと保証できるナイフがあれば安心できますよね。

今回はそんな、刃が100%出て来ない事を見た目でも保証してくれるEDCナイフ「Prylobite」をご紹介致します。


刃が出ない保証構造

折り畳み式ナイフは刃がスライドしたり回転したりして刃の部分が露出する様になっていますので、その出て来た刃先で怪我をしないでおこうと思うといかに安全に刃の部分をロックするのかが鍵となって来ます。
それにはロックピンを差し込んだり、板バネを使って柄の部分の中で収納した刃先に圧力をかけて、振動等では刃先が出て来ない様にしたりと様々な工夫がそのナイフ毎に施されているのですが、ロックを解除すれば刃が出て来る時点で、何かの拍子にロックが解除されてしまわないかと言う不安が、一度でも折り畳みナイフで怪我をした事がある方なら考えてしまいます。
そこでこの「Prylobite」では柄の部分と刃先の部分に穴を空け、その穴が刃を柄の部分に収納した時に一致していつの穴となる様に設計し、ここにキーリングやカラビナ等を通す事で物理的に刃が出て来ない様な仕組みを作ったのです。
更に刃を収納した柄の部分の先のスリット部分はサスペンショングリップと名付けられ、ベルトループやポケットに差し込んで引っ掛けられる様になっており、「Prylobite」にいつも使っているキーリングを引っ掛ければ「Prylobite」も常に忘れずに持ち歩けていざと言う時に便利ですし、またカラビナが刃先に引っ掛かっている事で刃が飛び出て来ないと言う安心感が生まれます。

刃を使用する時にも安全に配慮

そして次に折り畳みナイフで心配なのが、使っている際に刃が折り畳まれて刃先で手を怪我したりしないかと言う事です。
特に柄を持っている指が刃先で挟まって指を落とすなんて事があったら洒落にもなりません。
ですからこの「Prylobite」では刃と一体化されたサスペンシングリップの部分が柄の中にスッポリと入り込む様になっています。ですから柄を握っていても実質握っているのは刃と一体化されているサスペンショングリップの部分ですから、しっかりと握ってさえいれば刃先の部分だけが回転して柄の中に戻って来ると言う様な事は考えられませんので、ご安心ください。

また刃先は約4.3cm(1.7インチ)なので、銃刀法に違反する様な事もないので安心して持ち歩く事ができます。

おまけの機能

そしておまけとして缶オープナー、栓抜き、ナット回しと言った3つの機能がサスペンショングリップの部分には隠されています。
少しテーパーがつけられた先っぽはペール缶の蓋を外したりするのに便利ですし、ナット回しは1/4インチ(M6が回せる事も)で、この1/4サイズは一般的に撮影機材によく使われていますので、カメラを持ってよく撮影に行かれると言う方には少し緩んだナットを増し締めしたりするのに便利です。

またナイフの総重量は23gと非常に軽く、刃先の素材はN35VNと言うサバイバルナイフでは一般的に使われいる超高鋼材が使われており、頑丈で錆辛いナイフ素材ですので、詳細につきましては下記URLにてご確認ください。

https://www.kickstarter.com/projects/pangeadesigns/prylobite-edc-keychain-knife

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です