強い水流と霧の様な細かなミストで冬は温か、そして水道代を約65%も節約するシャワーヘッド「Nebia Spa Shower 2.0」

みなさんも毎日、お風呂に入った時にシャワーをお使いになると思いますが、寒い時期のシャワーって嫌ですよね。
暖房設備のないお風呂場ですと、ずっとシャワーを出しっぱなしにしていてもシャワーが身体に当たっていない部分は湯船の中でしっかりと温まったとしてもものの数分で冷えてしまいます。
だからと言って身体や頭を洗っている最中ずっとシャワーの出しっぱなしに毎回していると、水道代の請求書を見てビックリしなくてはいけません。

そこで今回は前回目標金額の25倍の250万ドルをKickstarterで集めたシャワーヘッドNebiaの進化形「Nebia Spa Shower 2.0」をご紹介致します。


H2MICRO™テクノロジー

 

さてこの「Nebia Spa Shower 2.0」でも使われている水を霧の様にして均一に噴射する技術である”H2MICRO™テクノロジー”はロケットの燃料噴射技術を元にしたもので、均一に同じ大きさの水滴を一定の圧力で噴射するシステムで、あの下町ロケットに出て来たバルブシステムの様なものです。

一般的に水の使用量を減らそうと思うと、水道管の口径を細くして水を流れ辛くすれば流れる量が減るので水道の使用量が減ります。
ただそうするとチョロチョロとしかシャワーが出ないので、シャワーヘッドの噴射口の口径を細くして圧力を高めてシャワーから出た水が身体に当たっている感覚で吐出量の絞った部分を補おうとするのが一般的な節水型のシャワーヘッドですが、圧力を高めた事で肌に水流が当たると痛く感じます。

ところがこの”H2MICRO™テクノロジー”では言うなれば霧の様に細かなミストを広い範囲に噴射する事でミストが身体を包み込みますので、言うなればミストサウナに入っている様な状態になり、身体全体がミストで包まれて冷えないだけでなく、前進にミストが降り注ぎ、そして同時に身体全体を洗い流してくれますので、水道の節約にもなると言う訳です。

そして今回紹介する「Nebia Spa Shower 2.0」では前のバージョンよりもその水滴の粒が更に細かくなりミストの抱擁感はより上がり、前バージョンよりも29%も暖かさが増し、実に湯船に浸かっているかの様な錯覚を起こさせる暖かさを感じさせてくれる上に、水圧も一般的なシャワーヘッドの0.07MPaの倍の0.14倍もありますので、洗い流しも本当に一瞬で洗い流してしまいます。

ハンディーヘッドもあるので安心

そして前バージョン同様に壁付きのシャワーヘッドにプラスして普通のホース付きのシャワーヘッドも付属していますので、子ども達を洗ったりする際にどうしても壁付きのだとシャワーヘッドがいくら上下するとは言ってもかなり遠く効率的にシャワーが当たらないばかりか、ペットや子ども達を洗う為だけに服を着てお風呂に入った様な時には壁付きのヘッドは自分も濡れて困りものですが、ハンディーシャワーがあれば濡れる事もないので安心です。

なお工事は壁付きのシャワーヘッドが既にあるのであればヘッドを外して取り付けるだけなので超簡単です。
ただよくある水栓と一体化されたシャワーの場合はホースを外して配管を取り付けてとちょっとDIYするには面倒なので業者さんに頼まれた方が良いかもしれません。なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/nebia/nebia-spa-shower-20-better-for-you-better-for-the

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です