デスクトップが狭い場合に有効な、MacBook Pro用カバーとUSBマルチハブとが融合した「Caramel Cover」

2016年末にTouchBarと共に登場したMacBook Proは、インタフェース端子がThunderbolt 3対応のUSB-C端子のみとなり、今まで搭載されていたUSB-AコネクタやSDカードリーダー等も一切なくなりました。
その為にUSB接続のHDDやDVDドライブ、USBメモリ等は変換コネクタやUSBハブを使わなければ接続すらできなくなりましたし、SDカードもカードリーダーをUSBハブ経由で接続するなどしなければならず、MacBookを買い換えた事によりPC本体に加えて周辺機器も揃えなくてはならなくなりました。

ただ、すぐにUSBマルチハブと言ってUSB-A端子の他にSDカードリーダーや、USB-Cの特性を生かしてHDMI端子、Eathernetコネクタ等を備えたものが出て来て、USBマルチハブを買えば、様々な機器を揃えなくて良く、また持ち運ぶ時の荷物もUSBマルチハブだけで済むので嵩張らずに済みます。

そんなUSBマルチハブとPCカバーを一体化させたのが今回紹介する「Caramel Cover」です。

MacBook ProカバーとUSBマルチハブが融合するメリット

この「Caramel Cover」は言うなればUSBマルチハブを天板のカバーに貼り付けただけのものです。
ただ一体化した事でまず、あまり使う機会がない方にとってはついつい忘れがちになるUSBマルチハブを、忘れると言う事がなくなります。
そして使用する際にも普通のマルチハブはUSB-Cポートに直差ししたり、USB-Cケーブルで接続する事になるのですが、デスクトップにそれなりの置く為のスペースが必要となって来ます。
ところがこれが移動中の新幹線や飛行機の中ですとトレイが小さいのでマウスを一緒に使うとなるとスペースの確保や割り当てに非常に苦労しますし、USB-Cケーブルで接続するタイプのUSBマルチハブはMacBookを膝に載せて作業する様な時もどこに置いていいのか非常に悩みますが、この「Caramel Cover」はカバーと一体化されていますので、そう言った作業スペースの狭い場所でも作業をし易くします。

USBマルチハブの機能

そしてUSBマルチハブとしての機能ですが、まずUSB3.0に対応したUSB-A端子を3ポート、そしてSDカードリーダーにmicroSDカードリーダーを内蔵し、HDMIは 4k@30Hzないし1080p@60Hzの出力が可能と、ほぼ他のマルチハブと遜色のない機能を持っています。
またUSB-C端子は充電用端子で、このUSB-C端子を通してMacBookを充電できるのですが、その能力は100Wとほぼフルスペックで充電可能になっています。

ただ1つ残念なのはMacBook ProのAppleロゴが見える様に小窓が開けられていない事です。
新しいMacBook ProもAppleロゴは発光しませんので、見えなくても良いような気もしますが、Appleファンとしては見えている方がいいですよね。
なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1687332436/carameltm-macbook-pro-protective-smart-cover

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です