体調に合わせて4つのシートの組み合わせによって硬さ・高さを調整する事ができるカスタマイズ・ピロー「MIO PILLOW」

みなさんはオーダーで枕を作ってくれる様なショップで枕を作ったはずなのに、暫くして枕が合わない事が出て来た、なんて経験はありませんか?
元々オーダーで枕を作る方は、肩や首に対して違和感や疼痛を持っておられる方で、肩凝りなんて感じた事がないと言う方がわざわざ寝辛いとオーダーで枕を作るはずはありませんし、元気な方は枕があってもなくても、クッションや座布団を折ってでも寝られるはずです。

では何故、首や肩の具合が悪い方がせっかくオーダーで枕を作ったのに合わなくなる事がたまに出るのでしょうか?それは筋肉の疲労と密接な関係があります。
筋肉は疲労すると疲れて収縮(縮み)します。そして首で言えば首の筋肉がデスクワーク等でずっと下を向いていて疲労して収縮すると当然、顎が上がります。
そして顎が上がった状態で仰向けで寝ると、顎が上がっている分、首の前側の筋肉が皮膚が引っ張られて違和感が出たり酷い人は呼吸し辛くなるので枕で頭を上げて緩めるのです。
ですから疲労度合いのよってその顎の出方や肩凝りの度合いは変わって来ますので、例えば割と調子の良い時に作った枕ですと当然、高さの低い枕になっていますので、疲労がたまると顎が出て首が引っ張られますので、寝辛くなるのです。

ただ逆に枕を高くし過ぎると気道が圧迫されて、これも呼吸がし辛いので高すぎても良いと言う訳ではなくやはりその時々に応じ、体調に合わせて枕の高さを変えてやるのがベストなのです。

そこで今回は、4段階に高さや硬さを変更できる枕、「MIO PILLOW」をご紹介致します。


4枚のマットで10種類のバリエーション


さてこの「MIO PILLOW」は4枚のマットにより合計10通りの枕に変身する枕で、まず頭直下に当たるマットとして青色(水色)のマットがあります。
この青色のマットは”サーモフレッシュ”と呼ばれているスポンジの様なマットにで多孔質で通気性に富み、枕にたまった熱や頭から発する汗を効率良く外部に放出して枕、そして頭部は涼しく保ちますので夏場はこちらを1番上にして頭を乗せて寝ると快適に眠る事が可能です。

そして次はピンクと言うかオレンジ色の枕です。こちらは高密度のマットになり熱を保つ様になっていますので、寒い冬にこちらを上にして寝ると頭を暖かく保つ事が可能です。

また残り2枚のマットですが灰色っぽい方が高反発のマットで白っぽい方が低反発となりどちらを上にするかで頭の沈み具合、つまり柔らかさを調整する事ができる様になっています。


高さは最高14cm、最低8cm


そして実際の枕の高さはと言うと4枚のマットを使う事で最大14cmの高さとなります。これは成人の方の肩幅程度の高さになっており、横向きに寝ると言う方にとって枕が低くて体重の10%もある頭の重みによって肩が押されて寝ている間に肩凝りを助長すると言うのを防いでくれます。

また最低高8cmは、もちろん高い枕が嫌と言う方はもちろん、俯せで寝ると言う方も8cm程度の高さ(実際には体重でもっと沈みますが)であれば上半身が上がって苦しいと言うよりは、胸の下に少し空間でき呼吸がし易くなり寝やすくなります。


抗バクテリア加工で臭わない


そしてこの「MIO PILLOW」の特徴は高さや硬さを変えられるだけでなく、スポンジ枕の欠点である臭いについても対策されています。
枕と言うと基本は洗濯できない上に、洗濯できたとしても嫌な臭いが染み込んでしまうともう臭いはなかなか取れません。
ただその臭いの元はバクテリアであり、そのバクテリアは人間の汗や皮脂と言った分泌物をエサに繁殖しますので、特に洗濯を行わない枕は絶好の繁殖地になるわけですが、この「MIO PILLOW」はその繁殖を抑え臭わない様になっていますので、パートナーの枕の臭いが気になる方にも最適ですので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/fundedinitaly/mio-pillow-the-most-customizable-pillow

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です