申請さえすれば公道の走行が可能!!最高35km/hで64km走行可能な電動自転車「XF590」

海外へ行くと電動キックボードや電動スケートボード、そしてペダルを漕がなくてもアクセルを回して自走する事のできる電動自転車など、手軽に街中を移動できる乗り物が走っているのを目にする事が最近は多くなって来ており、日本でも走れたらなぁ〜と思っておられる方は少なくないはずです。

ですが日本でもちゃんと基準を満たせばモーターで動く乗り物を公道を走らせる事ができるのです。

その第一歩が保安基準と言って車両が公道を走行する上で最低限装備しなければならない、ヘッドライト、ブレーキライト、ウインカー、バックミラー、クラクションを装備する事と、ナンバーブレートの申請をしてナンバープレートの交付を受けること、そして自賠責保険に加入する事です。

これら全てをクリアすれば晴れて公道を堂々と自作の電動バイクであっても走行する事ができるのですが、なかなかそこまで市販のものを改造するのって素人には大変です。そこで今回はその必要がない電動自転車「XF590」をご紹介いたします。


そのまま申請すれば公道を走行可能な車体


この「XF590」は7段切替の変速ギアを装備した20インチのモーターだけでの自走も可能な電動自転車になります。
つまりペダルを漕がないでモーターでの走行をしようとするならばナンバープレートの交付を受けなければいけないのですが、この「XF590」は何と最初から保安基準で最低限必要とされている装備を最初から装備していますので、購入後そのまま購入証明と共に申請すればすぐにでも公道を走行する事ができるのです。

実際、ウインカー付きのLEDブレーキランプは両方のブレーキを握れば自動点灯し、LEDウインカーも左のハンドルにヘッドライトとクラクションのスイッチと一体化して装備されています。
また両方のハンドルにはバイクについている様なサイドミラーが最初から装備された状態で受け取る事ができますので、先に申請書を貰いに行き、準備しておけば手元に届いたら即公道の走行が可能です。


750Wインホイールモーターで最大時速35km/h


そしてこの「XF590」には750Wの強力なインホイールモーターが内蔵されており最高時速は何と35km/h。原付の最高時速が30km/hですから、この最高時速の設定はちょうど良く、ちょっとした坂道でも750Wのパワフルなモーターを内蔵していますので、お相撲さんを乗せていない限り坂道で極端に減速する様な事もなくほぼ制限速度ギリギリで、他車の邪魔にならない様な走行が可能です。

そしてこのパワフルな走行に見合うディスプブレーキを前後輪両方に装備していますので安心です。


折り畳めるのもポイント


そしてこの「XF590」は折り畳み電動自転車である点もポイントで、縦約45cm×横約88cm×幅約45cmと非常にコンパクトに折り畳めるため、トヨタのアクアの荷室にでさえ2台余裕で収納して持ち運ぶ事ができる為、旅行に持って行って現地ではこの「XF590」で観光地を回ると言う使い方を夫婦や恋人同士でも行う事が可能です。

また1回の充電でモーターだけの走行で最大64kmも走る事ができ、東京-横浜間が直線距離でおよそ30kmですから、横浜まで「XF590」で行って都内に戻って来れる距離ですので、かなりの機動性がありますし、もしバッテリーが切れたとしても7段変速ギアで帰って来れますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1462402365/xf590-folding-electric-moped-like-bike

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です