Newガジェット

髭の剃り残しが気になる!!と言った時に便利な直径1.5cmのペン型電気シェーバー「Shavepen」

しっかりとヒゲ剃りをしたはずなのに、自宅を出た後に移動中や仕事中に髭の剃り残しがある事に気付いて、剃りたいのだけれど剃る道具がなくて悩んだなんて経験はありませんか?

例えば仕事をされていて重要なミーティングや商談があると言った場合や、大勢の人前で話す、そしてプロポーズする等と言った、剃り残しがある状態がとても気になると言う様な状況下にある場合です。

そう言う時にポケットに入って目立たない様な電気シェーバーがあれば、携帯するのに便利ですし、どこででも簡単に剃り残しを整えたりする事ができます。
そこで今回は、そう言った自宅外で髭や髪や体毛を簡単に整える事ができる電気シェーバー「Shavepen」をご紹介致します。


直径1.5cm×11cm


この「Shavepen」は大きさ直径1.5cm×11cmのペン型をした電気シェーバーで、内部では円筒形の6枚刃が回転しており、ペン先どこを当てても髭を整える事が出来ます。
ですから少しペンと比較すると太いのでペンの様に胸ポケットに差して持ち歩くと言うのは無理がありますが、バッグのポケットに差しっぱなしで持ち歩いても、一般的な電気シェーバーの様に大きくはありませんので、邪魔になる様な事はありません。

しかも円筒形のこの「Shavepen」は、円の先端部分でしか髭を剃りませんので、エッジをハッキリと出して髭を整えたいと言う様な場合、カミソリと同じ様に綺麗にエッジを整える事ができます。


鼻毛もカット


次にこの「Shavepen」の刃は山型でペンの先端に位置しています。
ですからこの「Shavepen」はペンの先端付近でしか髭は剃れないのですが、山になった「Shavepen」の頭を鼻の穴の中に差し込む事で、深く鼻の穴の中の鼻毛を綺麗にカットする事はできませんが、鼻から飛び出して見えている様な鼻毛は綺麗にトリミングする事ができますので、鼻毛が出ているのを注意されて恥ずかしい思いをしなくても済みます。


水洗いok!!


そして、この「Shavepen」では電気シェーバーでも割と上位機種にしか備わっていない防滴機能を備えており、何と流水で丸洗いできる様になっています。
この「Shavepen」は日本円にすると5000円ちょっとの価格なので、普通ならブラシで刃についた毛を落とすと言った掃除しか出来ないのですが、この「Shavepen」は水洗いでき、より清潔にシェーバーを保つ事ができます。

なおラインナップですが、赤、黒、シルバーの3色が用意されていますので、詳細をご覧になりたい方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/811510388/shavepenthe-worlds-smallest-2-in-1-electric-shaver

な!な!なんと!!保温ボトルではないものの3つのカップとボトルに分かれるステンレス製ボトル「Cupple」前のページ

45×60×55cmと世界最小の4タイプのコンセントを内蔵した65W USB-C PD×1+USB-A×1 USB充電器「Alien」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    安心安全の為に身体に密着させたいと言う方にオススメの通常サイズの20倍、36Lスリングバッグ「CAC…

    ちょっと身の回りのモノを入れて持ち歩きたいと言う場合、昔は女性ならショ…

  2. Newガジェット

    えっ!!まさかトースターの様にパンが焼けるの!?とは言わずにいられないシースルーな電熱調理器具「Ki…

    みなさんはグラフェンと言う素材はご存じですか?グラフェンと言うのは…

  3. Newガジェット

    世界最速の脱着スピードを誇るスマートフォン用ホルダー「Placeon」

    みなさんはスマートフォンを持って出かける際にそのスマートフォンはどこに…

  4. Newガジェット

    地球にも優しければ人にも優しい、濾過材の90%を天然素材として使っている空気清浄機「Briiv Pr…

    植物は自然の空気清浄機だって言う事はみなさんはご存じでしょうか?植…

  5. Newガジェット

    ガスいらずの充電する事で続ける事ができる風が吹いても消えない電子ライター「Sparkr Wick &…

    火をつける道具と言うとマッチやライターを普通は想像しますが、最近はガス…

  6. Newガジェット

    首の寝違いよサヨウナラ。車中泊で座り寝するならこのマクラ「NodPod」

    民主党(現 民進党)政権時に高速道路上をいくら走っても1000円と言う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP