折り畳めて旅行に持って行く事ができるだけでなく、何と乾燥機能まで付いたポータブル洗濯機「Water Spitir」

バケツに攪拌機をつけたポータブル洗濯機は、ちょっと洗いたいと言う方や、コインランドリーで洗濯するから洗濯機は不要だけど、一人暮らしで下着だけは自宅で洗いたいと言う方には置き場所も取らない上に手間もかからない洗濯機と言う事で、ECサイトで検索すると思っていた以上にたくさんのポータブル洗濯機がヒットします。

その中でもTPU(ポリウレタン系熱可塑性エラストマー)をボディーに使ったポータブル洗濯機はコンパクトに折り畳む事ができますので、長期旅行等へ持って行けば、コインランドリーで待っている時間や手洗いする時間を別な事に効率的に使えます。

更に最近では脱着式の脱水カゴがついていて脱水できるポータブル洗濯機も出て来ているのですが、今回紹介する「Water Spitir」は何と乾燥まで出来るのです。


大容量2L


今回紹介する「Water Spitir」の特徴はまず大容量な事です。
折り畳むと縦横約30cm×高さ13cmなのですが、伸ばす事で高さ約35cmと約3倍に伸び、水の容量で言えば2Lも入ります。
これを洗濯物の量に換算すると夫婦二人分の下着であればもちろん問題なく1回で洗えますし、子どもさんが小学生くらいの年齢でしたら、小学生2人分の洗濯物をプラスして4人分の下着類を一度に洗う事ができます。

ですから家族で長期旅行に行ったり、キャンピングカーで旅行に行くなんて言う時にこの「Water Spitir」があれば余裕を見て下着を多めに持って行かなくても済みますので、荷物の総量を減らす事ができますし、ホテルのバスルームで今までなら手洗いされていた方も、その作業から解放され、その分の時間をお楽しみの時間として使う事ができる様になります。

また洗い時間も10,15,20分から選べる様になっていますので、汚れがひどい時、おしゃれ着洗いをしたい時など使い分けも出来る様になっています。


排水ホース付きで、楽々排水


またポータブル洗濯機を選ぶ際に1つ気を付けて見ておかなければならないのが排水ホースが付属しているかです。
バケツに攪拌用の羽根をつけた様なポータブル洗濯機の多くは、排水をバケツを傾けて流さなければならなかったりします。
そうすると大容量のものは水を流すと言う作業が大変なほか、排水と一緒に洗濯物を流してはいけないので、排水前に一度、洗濯物をどこかに移動させなければならない上に、濡れている洗濯物を取り出すと絶対にどこか濡らして、それを拭き上げると言う作業も発生します。

その点排水ホースがあればポータブル洗濯機そのものを持ち上げなくても済みますし、周囲を濡らさず排水もできますので、とっても楽に洗濯する事ができます。


脱水乾燥最大300分


そしてこの「Water Spitir」の最大の目玉機能が乾燥です。
乾燥と言うと温風を手ながら乾かすと言った事をイメージされる方もおられるかもしれませんが、この「Water Spitir」が行う乾燥は脱水乾燥です。
普通脱水と言うと数分です。
ですがこの「Water Spitir」では、ドラムを回転し続ける事で衣服に含んだ水分を弾き飛ばすと言う事を延々を行う事で極限まで脱水を行い、乾いてはいませんが、冬場であれば数時間日光に当てればパリパリに乾く、夏場であれば1時間もせずに乾いてしまうと言ったレベルにまで究極に脱水を行い、その最長は何と300分(設定で120分と180分も選べます)、5時間にもなります。

これはこの「Water Spitir」は非常にパワフルでタフなモーターを搭載しているから出来る事で、他のポータブル洗濯機で同じ事をやればモーターが焼けきってしまうのではないかと言うレベルの話ですので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/723737750/the-innovative-three-in-one-washer-and-dryer

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です