こう言うのがめっちゃ欲しかった!!スティック型でカメラ部分が分離できるアクションカメラ「Pocket 2S」

アクションカメラと言う新たなジャンルを開拓したのはGoProです。
そしてスティック型のアクションカメラを最初にリリースしたのはドローンメーカーとして有名なDJI社の”Osmo Pocket”です。
このスティック型のアクションカメラは、ちょうどドローンに搭載するカメラ部分を、スティック型のボディーに移したと言うイメージのカメラで、小型で持ち歩きがし易く、何と言ってもドローンで培った強力な手振れ補正によって持って走っても一切画面が揺れる様な事はありません。

ただスティック型のアクションカメラは手持ちでの撮影はできるものの、GoProの様に身体に身に着けたり、車体に取り付けたりして撮影すると言う撮影はできず、本来のアクションカメラ的な撮影をしたい場合はGoProの様なアクションカメラを使わなければならず2台持ちする必要があります。

ですが今回紹介する「Pocket 2S」であればGoPro不要で手持ち以外にも身体や車体に固定しての撮影が可能です。


カメラ部分が分離


では何故、このスティック型アクションカメラ「Pocket 2S」がGoProの代わりとなるのかと言いますと、何とカメラ部分が本体から分離できるからなのです。
しかもただカメラ部分、CCDが分離するのではなく、カメラを支えている一体化されたジンバル部分も一緒に分離しますので、この「Pocket 2S」が持つ強力な手振れ補正はそのまま機能します。

そして標準付属しているバンドとマグネティックベースとを組み合わさせて腕や足にカメラ部分だけを巻き付ける事ができるだけでなく、カメラ部分には強力が磁石が内蔵されており、車体やヘルメットに直接磁石で吸着してGoProの様なスピード感溢れる撮影が可能になります。


手元の本体の映像を見ながら自撮り


またこの「Pocket 2S」には伸縮する自撮り棒が付属しており、自撮り棒の先にカメラ部分を乗せて伸ばすと、人混みの中で人の頭に邪魔される事なく撮影が可能な他、従来のスティック型アクションカメラでは顔のアップの自撮りしか手持ちでは出来ませんでしたが、カメラを離す事で全身自撮りが可能な他、集合写真等も自撮り棒のハンドルに取り付けた本体の液晶モニターに映し出されるカメラで捉えた映像を見ながら調整して撮影する事ができます。

また自撮り棒を使う事で手の届かなかった場所の撮影や、高い位置からの撮影など従来出来なかった映像の撮影が可能となり、映像表現の範囲が広がります。


画質はPocket2と同じ4K


そして肝心の画質ですが、この「Pocket 2S」にはSonyのCCD IMX317を採用しており最大画質は4K@60fpsで3840×2160ピクセルになります。
また1080P画質にする事で120fpsと言う高速撮影ができますので、高速で移動する被写体をハッキリとブレなく撮影したい時に有効ですし、4Kでも倍速のスロー撮影が出来720Pですと画質はかなり落ちますが、8倍速のスロー撮影が可能なので、ミルククラウンを撮影したり、鳥や虫が飛ぶ姿をスロー撮影したい時などに便利です。

またレンズはF2.0の画角130°レンズを採用していますのでワイド系の映像が撮影できるほか、1回のフル充電で最大3時間の連続撮影が可能(バッテリーは内蔵で脱着出来る様にはなっていません)になっていますので、もし詳細をご覧になりた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/feiyutech/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です