総重量15kg、最長走行距離130km、押して歩くのがとっても楽な電動アシスト自転車「Tenways CGO 600」

電動アシスト自転車の利点はモーターの補助によって急な坂でも楽に登れる事と、停車時から走り出す時にアシストしてくれますので漕ぎ出しからスピードが乗るまでがとても楽な所で、走行中でもアシストしてくれますので、普通の自転車に乗るよりは漕ぐ力は少なくて済みます。

一ただ電動自転車は自転車そのものもモーターやバッテリーの重さが加わり普通の自転車よりも重く、子どもさんを乗せる電動自転車ですとフレームなども強化されていますので重いものになると30kg近くありますが、一般的な電動自転車は軽いものになると22kg程度で、これは一般的なシティーサイクル(ママチャリ)が重くても20kg程度なので幅を小さく見積と2kgなのでおよそ2Lのペットボトル1〜2本分の違いになります。

ですが今回紹介する電動アシスト自転車「Tenways CGO 600」は総重量15kgと超軽く、立体式の駐輪場でも楽々と上げる事ができる電動自転車です。


メンテナンス不要のカーボンベルト


今回紹介する電動アシスト自転車「Tenways CGO 600」の電動アシスト自転車の性能としては、EUモードで最大時速25km/h、USモードで最大時速20km/h、そして最大走行距離130kmと言う、最近の電動アシスト自転車としては極々ありふれた仕様のスポーツタイプの電動アシスト自転車です。

ただこの「Tenways CGO 600」はチェーンではなくベルトをチェーンの代わりに使っていると言う特徴があります。
その昔、ズボンの裾がチェーンに付着した油で汚れないと言う事でもてはやされた時分があったのですが、価格が高いと言う事と、変速ギアには使えないと言う事もあり、次第にその姿を消して行ったのですが、この「Tenways CGO 600」ではより強度の高いカーボンベルトを採用する事で走行中にベルトがズボンの裾に擦れても汚れる事はありませんし、油を注油する必要もありません。
またチェーンは伸びますのでン万キロと走ってチェーンカバーにチェーンがカシャンカシャンと当たる様な自転車はチェーンをカットして繋ぎ直した方が走り易くなるのですが、一般の方はそう言ったチェーンのメンテナンスの事など知らないのでそのまま重くなったペダルを踏み続けているのですが、この「Tenways CGO 600」では強度の高いカーボンベルトを採用しており、そう言ったベルトが伸びると言った心配をせず3万キロ程度まではメンテナンス不要で乗り続ける事ができます。


ウォーキングアシストモード


そしてこの「Tenways CGO 600」が便利だなと感じるのがウォーキングアシストモードと言うモードを備えている所です。
このウォーキングアシストモードと言うのは文字通り、押して歩く時に自転車の移動スピードに合わせてハブモーターが回って自転車を軽い力で押せる様にサポートする機能です。
これはハブレスモーターだから出来る技で、ペダルにモーターが入っていたのではこう言ったモードを付加するのは大変ですし、逆につけたとするとチェーンが回り一緒になってペダルも回るので押して歩くには回るペダルの横に立って歩くのはとても面倒な事ですが、友達と一緒に自転車に自転車を押しつつお喋りしながら移動すると言った様なシチュエーションが多い方にはまさにピッタリな自転車と言えます。


バッテリーは脱着不可


ただウォーキングアシストモードやベルトチェーンはとても魅力的なのですが、マンション住まいの方が気をつけないといけないのはバッテリーが脱着できず内蔵されている点です。
充電そのものはフル充電に必要な時間は2.5時間と非常に短くて良いのですが、バッテリーが脱着できない為に一軒家でなければ部屋まで自転車ごと持って上がらなければならない点です。
ただ高価な自転車ですので玄関に置いておく方が安全と言えば安全なのですが、ちょっとこのバッテリーが脱着できないと言う所がネックなのでマンション住まいの方はご注意下さい。

なおサイズはタイヤのサイズではなく車体サイズでMとLサイズ、カラーはブラック、アークティックブルー、スカイブルー、シルバー、グリーンの5色がラインナップされていますので詳細は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/tenways/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です