Newガジェット

セルフクリーニング機能がついた、究極のモップ付きロボット掃除機「obode P8」

ロボット掃除機が登場した頃はゴミをバッテリーがなくなるまで集めて吸い込むと言う機能しかなかった上に、センサーも超音波センサーや赤外線センサーと言った旧来からある距離を計測するセンサーを使い障害物に避けながら進み、障害物を検出したり障害物に当たったりすると進行方向を変えて進んでゴミを集めると言う機能しかありませんでした。

おかげでソファーの下で挟まってしまい動けなくなったり、椅子の脚の間に侵入してしまい出られなくなってしまったりと言う様な事が頻繁に起こるだけでなく、ゴミの吸い残しも結構多くありました。

そんなロボット掃除機にLiDARセンサーと言ってレーザーを使って360°周囲にあるモノまでの距離を計測するセンサーを搭載した事で、動きながら部屋のマッピングを行い、家の詳細な間取りを机や椅子、テーブルなどの位置も一緒に地図に起こす事で、吸い残しがない上に障害物で立ち往生する事がないロボット掃除機へと現在では進化しています。

そして今回は、次世代の拭き掃除が同時にできるロボット掃除機「obode P8」をご紹介致します。


モップがけで更にピカピカに


ロボット掃除機を使うメリットは、掃除機をかける手間が省けるだけでなく、人間が掃除機でゴミを吸うよりも更にきめ細かくゴミを吸い込んでくれますので、ロボット掃除機が掃除した後の床は本当に感触からして綺麗だなと言う事がわかるくらいです。

そして今の住宅の床は殆どがフローリングですので、フローリングをモップがけしてくれるロボット掃除機は、汚れまで綺麗に拭き取ってくれますので、床掃除としてはパーフェクトで、世の中にはモップがけ専用のロボット掃除機もありますが、今回紹介する「obode P8」と同じ様にゴミを吸い込むと同時に床の拭き掃除をしてくれるロボット掃除機もたくさんあり、この「obode P8」は、拭き掃除だけ、ゴミ掃除だけ、ゴミ掃除と拭き掃除両方と言った感じで使い分けができるロボット掃除機になっています。

そして「obode P8」にはLiDARセンサーの他30ものセンサーを搭載し、壁ギリギリ10mmのところを併走してゴミのたまる壁際や隅のゴミも綺麗にブラシで掻き出して吸い込んでくれるほか、20mmの段差を超える能力があるのでぶ厚いカーペットで立ち往生すると言う事もない上に高さも約9.5cmと低くソファーに引っ掛かったりしない様、よく考えられた設計になっています。

また「obode P8」ではLiDARセンサーで部屋をマッピングするのですが、ゴミ箱が移動すればその位置も常に書き換えて効率的に障害物に当たらない様に掃除する様に設計されていますし、1階、2階、3階と言う感じで別々にフロアのマップを学習させる事ができ、家中の掃除機がけを効率良くやってくれます。


モップの自動掃除


そしてこの「obode P8」が便利なのは、2枚の回転式モップを掃除する機能を充電ステーションが持っている事です。
実はロボット掃除機はダストボックスにたまったゴミを捨てるだけで良いのですが、モップがけのロボット掃除機は、使い終わった後にモップを掃除したり、水を噴射しながらモップがけを行うロボット掃除機だとタンクに給水したりと、割と使った後の手入れが面倒なのです。
それをこの「obode P8」では、充電ステーションに帰れば自動的にモップを洗いロボット掃除機のタンクにも綺麗な水を給水し、更には温風でモップを乾燥させる機能まで持っていますので、濡れたモップで雑菌が繁殖し、濡れた靴の様に嫌な汚臭がリビングを漂うと言う様な事はありません。

また綺麗な水をためておけるタンクは4.7L、モップ洗浄後の汚水をためておくタンクも4.6Lありますので、毎日タンクに給水したり汚水を捨てたりと言った作業がないのがこの「obode P8」のメリットでもあります。


カーペットを濡らさないとっておきの機能


そしてモップがけを行うロボット掃除機の1番の懸念は、カーペットを濡らしてしまう事です。
中にはマッピングした地図を使ってカーペットが敷いてあるエリアを掃除しない様に設定する事もできますが、そうするとカーペットの掃除は自分で掃除機を使ってしなければいけません。
そこでこの「obode P8」ではカーペットを自動で検出しカーペットが敷いてあるエリアを自動でマッピングする機能がある他、何と「obode P8」のモップは上下する様になっており、カーペットに侵入する時はモップを上げてカーペットを濡らさない様にする機能も持っており、ほぼ全自動でカーペットも濡らさずそしてゴミ掃除も出来る様になっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/obodep8/obode-p8-2-in-1-smart-self-cleaning-cleaner

サングラスでは見辛い、でも日差しが眩しい、と言う時に便利なサンバイザーグラス「The Brow®」前のページ

磁場により迷走神経にアプローチする事で不安やストレスを取り除き活力を取り戻してくれる「amofit S」次のページ

関連記事

  1. iPad

    今までなかったのが不思議なくらい、USB-Cマルチハブの機能を搭載したメカニカルキーボード「Kebo…

    据置型のモニターにノートPCを接続して作業される方の場合、半分以上の方…

  2. Newガジェット

    スマホ不要で家中のあらゆる家電やAV機器をコントールできるスマート・リモコン「Ovomote」

    スマートリモコン、みなさんは使っていますか?ここで言うスマートリモ…

  3. Newガジェット

    ゴムバンドをミニマリスト財布に最初に取り入れた財布が前面リニューアルして送り出す「BANDO 4.0…

    財布をコンパクト化しようとした時、縦横サイズは最小、クレジットカードサ…

  4. Newガジェット

    2組4本のイヤホンを使って最大4人でシェアする事ができるANC&ENC搭載ワイヤレスイヤホ…

    みなさんはスマートフォンやメディアプレイヤー等で今再生している楽曲をパ…

  5. Newガジェット

    デバッグ作業を非常に楽に行えるオシロ,FG,ロジアナ,データロガー機能が1枚の回路に集約された「Op…

     マイコンを使ってハードやプログラムを開発する際に一番苦労するのがデバ…

  6. Newガジェット

    3D造形物の補修やレジンアクセサリーに使えるレジン補修ペン「Fixer3D」

    最近、レジンを使ったオリジナルのアクセサリーを作る事が流行っていると聞…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP