Newガジェット

枕が合わなくてなかなか寝付けないと言う方に使って欲しい、背骨や頸椎を真っ直ぐに保つエルゴノミック枕「Bed Pillow」

何時でも、どこででも、どの様な状態でも寝る事ができる方にとって、枕が変わるとなかなか寝付けない、寝られないと言う話と聞くと本当かなぁ〜と、思ったりされますが、実際、いつも寝ている自分の部屋であっても、寝具を変えると寝られない、寝具を新調して暫くは良く眠れていたのだけれど、暫くすると寝付きが悪くなると言う様な話は意外と周囲でも多く見聞きします。

そこで今回は、布団は大丈夫、でも枕がしっくり合わなくて寝付きが悪いと言う方に試して欲しい枕「Bed Pillow」をご紹介致します。


快眠の秘訣は頸椎を真っ直ぐに保つ


よく枕が原因でなかなか寝付く事が出来ないと言う方々の会話の中でよく登場するキーワードが枕の高さです。
枕が高くて寝られない、低くなって寝られない人それぞれ、様々な悩みを抱えていますが基本的に枕の高さと言うのは、慣れや習慣と言う部分は除いておいて、一般的に低い方が気道を圧迫せず呼吸がし易い状態を保つ事ができますので寝やすくなります。
ただ肩が凝っていたりすると枕を高くする方が首の筋肉が緩むので寝やすくなります。

ですが1番良いのは頸椎が真っ直ぐな状態を保つ事ができる枕がベストなのは様々な研究から立証されており、仰向きや横向きになった時に頸椎を真っ直ぐに保つ工夫が施された枕は非常に多くあります。


なだらかなすり鉢状構造の枕



今回紹介する枕「Bed Pillow」の形状的な特徴は、中央部分が凹んだすり鉢状になっている事で、中央部分が凹む事でその穴に後頭部がスッポリと入る事で、一般的な枕ですと後頭部部分の出っぱりと頭の重みで後頭部部分をトップにして顎にかけて枕に傾斜が出来ます。
ですがこの枕「Bed Pillow」では中央の凹み部分に後頭部がスッポリと入る事で首を持ち上げ頸椎を真っ直ぐにした状態を保つ事ができます。

また真ん中部分の枕の厚みは7.5cmですが、両端では12.5cmまでなだらかに傾斜がつけられており、寝返りをうって横向きになった際に、肩幅ほどある枕の高さによって肩に体重がかかって布団から圧迫を受けない様になっている他、本来なら枕に頭が沈み込んで頸椎が左右に傾斜する所を真っ直ぐに保つ事ができる様になっています。


またこの枕はうつぶせ寝にもなれるのがオススメポイントの1つで、中央の凹んだ部分に顔を沈める事で頭が持ち上がった状態にならずに寝る事ができます。


市販の枕カバーが使える


またこう言った特殊な枕の場合、形状が特殊なので市販の枕カバーと言ったものがつかえず汚さずに使おうと思えばタオルを巻いたりと言った対策しかないのですが、この「Bed Pillow」は楕円形の形状をしている事もありIKEAで売っている長方形のクイーンサーズの枕カバーが入る様になっています。
また他社の枕カバーでも同等の大きさものであれば、使えますし、やはり洗い替えがあった方が洗濯も気にせず出来き、常に清潔にして使う事ができますので、もし興味を持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/ostrichpillow/bed-pillow-adaptive-ergonomics-to-improve-your-sleep

狭い空間を覗く際に便利なスマホで映像の確認が可能なヘッド180°可動式の200万画素ファイバースコープ「OHHN Endoscope」前のページ

サワードウブレッドを作る上で欠かせない自家製サワードウスターターを簡単に飼える「SOURDOUGH FERMENTER」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    DIYキットで自作する、スペースステーションの様なワイヤレス充電器「AOHi」

    みなさんは、これってどの用にして動いているんだろ?どう言う仕組みになっ…

  2. Newガジェット

    交換用のばね鋼テープメジャーまで付属した正確な計測ができる超小型1mテープメジャー「Ti-Tape」…

    みなさんは急に長さ(寸法)を測りたい時に定規やメジャーがなくって困った…

  3. Newガジェット

    ツインドライバー+TWS+AAC+apt-Xでより生に近いサウンドを奏でるBT5ワイヤレスイヤホン「…

    イヤホンはワイヤレスにしてもコード付きにしても、耳の中に入れたり耳に引…

  4. Newガジェット

    Apple MFi認定を受けた急速充電も可能なUSB-C←→Lightningタフネスケーブル「Su…

    最近のスマートフォンの多くがQiワイヤレス充電に対応しているとは言って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP