Newガジェット

QiやQC3.0急速充電対応で更にmicoroSDカードスロットも搭載したバッテリー容量10,000mAhモバイルバッテリー「CorsPower 7」

 モバイルバッテリーを選ぶ際にあなたは何を基準に選んでいますか?

 基本的に消費者に与えられるモバイルバッテリーの情報と言うとバッテリー容量と出力最大電流程度で、選ぶ方としてもあれこれ書かれても何が何だか分らないのが実情ですが、これを知らなければせっかくいいものが安く買えたと思ってはいても実は値段相応と言う製品も中にはあるのです。
 ではどう言うスペックを押さえておかなければならないかと言うと、モバイルバッテリーそのものの最大出力(出力電流)です。例えばモバイルバッテリーにUSBコネクタが2個装備されていたとしてそれぞれ2.4A出力と説明で書かれてあったとします。ですが説明の済みに小さく最大(合計出力)電流3Aと書かれていたとするとこのモバイルバッテリーは2個のUSBポートを合わせて3Aの出力しかありませんから、例えば片方のポートにiPadを接続して2Aで充電していたとするともう片方のポートは最大1Aしか出力する事ができませんからiPhone7は2Aで急速充電できるはずなのにおかしい……と言う事になります。


 ではこの「CorsPower 7」はどうなのかと言いますとバッテリー容量は10,000mAhと最近の大容量モバイルバッテリーとしては最近では標準的なバッテリー容量なのですが、合計出力は4.5Aあり充電用のUSBポートは2ポートありQC3.0(Quick Charge3.0)の充電規格に対応しています。ではこのQC3.0規格は何なのかと言いますと、Qualcomm(クアルコム)が作った独自の急速充電規格なのですが、この会社が作ったQC規格を採用しているスマートフォンやタブレットも意外と多くあり、5V2A出力のUSB出力よりも更に高速で充電できる規格なのです。
 と言いますのもQC2.0 classAでは充電電圧5V/9V/12Vで最大3Aで充電でき、最新のQC3.0では3.6V~20Vまでの電圧の間で0.2V刻みで電圧を変化させ最大3Aで充電できる規格なのですが、これが何故高速充電できるのかと言うと、中学生時代に習った理科の授業を思い出して頂くといいのですが、電圧5Vで電流2Aの場合の電力はと言いますと5×2=10Wとなり1時間あたり10W/hの充電能力しかありませんが、これが12Vで2A流せるとすると12×2=24Wとなり約2.4倍の電力を送れる計算になりますから電圧を高くする事でより高速で充電できるわけです(また、電流より電圧を高くして急速電流する様にしているのはケーブルや充電回路の発熱により損傷を防ぐ為でもあります)。

 ですからこの「CorsPower 7」ではQC3.0規格に対応したスマートフォンやタブレット、その他USB電源で充電可能な機器であれば送電側、受電側双方のQC3.0の制御チップ同士でバッテリーを充電するのに最適な電圧と電流を制御して最適な電圧・電流で急速充電を行いますし、QC3.0に対応しいなくても最大電圧5V電流2Aでの急速充電を行ってくれます。

 更にこの「CorsPower 7」では充電回数が1000回(積算充電が10,000mAを1回としてカウントします)と高寿命ですし、更に内蔵バッテリーや充電しているスマートフォンやタブレット等を保護する為の過充電防止回路や短絡(ショート)検出回路、温度監視回路等のバッテリーを劣化させない回路を搭載しているのも安心です。

 そしてまた充電についてはワイヤレス充電Qiにも対応しており1度に充電できる台数は1台に限られますが、「CorsPower 7」のどこに置いても最大効率で充電できる様に多数のコイルを搭載していますから、次期iPhone8(仮称)はいよいよワイヤレスチャージにも対応するかと言われていますのでもしそなったとしても「CorsPower 7」を持っていればケーブルで充電していたのを載せるだけになりますので更に使い易くなります。

 そして「CorsPower 7」にはmicroSDカードスロットが搭載されておりmicroSDカード(最大256GByte)を入れておけば「CorsPower 7」をバックアップ用メディアとして使用できるだけでなくmicroSDカードに動画や音楽を入れておけば充電しつつバッテリー切れの心配をする事もなくmicroSDカードに保存してある動画を鑑賞すると言った一石二鳥な使い方ができますから、今まで両方持ち歩いていたのを1個にまとめて済ませる事ができると言うワケなのです。なお詳細については下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/575499357/corspower-7-worlds-first-256gb-wireless-charger

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/76777

レコード盤の上を自走しながらレコードを再生するBluetoothプレイヤー「RokBlok」前のページ

角度が自由に変えられ自撮りもでき読書灯にもなるLEDメイクアップミラー「JUNO」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    5種類の違った用途のLEDを使い分け最大105時間点灯するシリコンバンドのIP67防水ヘッドランプ「…

    頭に巻き付けるヘッドランプは両手が自由に使えるだけでなく、照らし出す場…

  2. Newガジェット

    どうすれば使っている人を喜ばせる事ができるのか?と言う事を追求したBluetoothカナル型ヘッドホ…

     皆さんは”この曲いいから聴いてみて”と言われてヘッドホンを渡させるっ…

  3. Newガジェット

    24時間365日ずっと愛車を見守りそして異常があればすぐに知らせてくれるアラウンドレコーディング・カ…

     みなさんは愛車にカー・セキュリティーシステムは搭載していますか?この…

  4. Newガジェット

    ズンズンと身体に響く低音から、空を突き抜ける様な高音まで再現可能なハイレゾ対応カナル型イヤホン「DR…

     あなたは”ハイパーソニック・エフェクト”と言う言葉を聞いた事はありま…

  5. Newガジェット

    3本のアームでどう読むの?そのギミックがエキセントリックな腕時計「The Phantasos Wat…

    みなさんはどの様な腕時計をされていますか?最近ではスマートフォンが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP