いつも乗っている愛用の自転車を電動化しちゃう電動自転車化キット「bimoz」

 自分が今乗っている自転車が電動化する事ができればいいなぁ~と思った事ってありませんか?
 これから暖かくなるとツーリングに出かけたりする機会もグッと増えると思いますが、いざ長距離のツーリングに出たはいいけれど行きの片道だけで足がガクガクになって帰りはどうやって帰ったのかわからない….よく帰れたなと思った事って長距離ツーリングに出た事がある方なら1度や2度やそれ以上の経験があるはずです。行きは体力も存分にあり元気いっぱいですから、どこまででも行けるぞ!!と思えるのですが、意外とその日、思っていたよりも体調が悪かったりして無理をすると帰りが本当に辛く、そんな時にこの自転車が電動ならどんなに楽に漕いで帰れるのに…..と思った事ってみなさんありますよね。
 ですがそんなに都合良く、自分の気に入ったモデルの電動自転車があるわけではなく、なら今乗っている愛用の自転車を電動化してみようじゃないか!!と言う事で生まれたのがこの電動自転車化キット「bimoz」 です。


 ではまず「bimoz」を使って愛用の自転車を自転車化した場合にどの様に今まで一生懸命自力で漕いでいた自転車が変化するのかと言いますと、最大時速:25km/hまでアシストしてくれて最大航続距離は何と!!大容量バッテリーで130~150km(標準バッテリーで60km)と東京から富士山を見に静岡まで行けちゃうのです。
 そして電動自転車で一番避けたいバッテリー切れの際もこの「bimoz」はモーターとバッテリーを合わせての総重量は約2kgと大人ならそんなに気になる重量の増加ではありませんし、何と言ってもこの「bimoz」では普通の電動自転車ならバッテリーが切れればモーターが発電機となってペダルが嫌になるほど重くなってしまうのですが、構造状ペダルが重くならないのです!!

 更に「bimoz」を組み込む自転車を選びません。と言いますのもこの「bimoz」はどこにモーターを組み込めば自転車の形状に左右される事なく組み込めるか?と言う事を研究し、ある事に気付いてそこにモーターを組み込んだのですが、その場所と言うのがクランクと言ってペダルがついている棒の事です。このクランクと言うのは大人用の自転車であれば、タイヤのサイズが変わろうがロードバイクやオフロードバイクと形が変わろうが左右のクランクを固定するシャフトの太さと言うのは実は統一されており、それを狙ってこの「bimoz」も左側のクランクとシャフト(軸)を固定しているベアリングを外すだけで、外す為のレンチと言った工具とナットをを外す為のちょっとしたスキルは必要ですが、ここの部品さえ外せれば「bimoz」はインストールできる様になっているのです。ですから前にギアがついていても大丈夫!!

 しかもこの「bimoz」はみなさんが乗っている電動自転車と同じアシストタイプですから電動自転車に乗った事がある方であれば何の違和感もなくすぐに運転する事ができるのも特徴です。

 そして「bimoz」はそれだけでは終わりません。もちろん毎日の通勤や通学の方であれば快適に使えるのはもちろんなのですが、スマートフォンと「bimoz」をペアリングしてスマートフォンに専用アプリケーションを入れる事で様々な事ができる様になっています。例えばペダルを漕いでいる速さや回数はもちろんデータを取る事ができますから運動管理として消費カロリーを計算したりする事ができますし、その他にもスマートフォンからアシストの割合を変える事で負荷を与えてトレーニングさせる事もできるのです。

 

 つまりこの「bimoz」はどちらかと言うとママチャリに取り付けて毎日の通勤や通学が楽になると言うよりは、オフロードバイクやロードバイクを電動化して日々のトレーニングのアシスタントとして使ってみると言うのが正しい使い方な様ですので、詳細については下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/bimoz/x/7929074

いつも乗っている愛用の自転車を電動化しちゃう電動自転車化キット「bimoz」” への3件のフィードバック

  1. 当記事で紹介されているBIMOZは現在に至るまで完成しておらず、また、開発経過報告も極めて疑わしいと判断されつつあり、有り体に言えば出資詐欺の可能性が濃厚になっております。

    当記事は電動アシスト自転車関連でGoogle検索すると上位に表示される記事であり、該当記事を参考にしてBIMOZを購入する方も多いと思われます。

    社会的責任を考えると、該当記事は削除もしくは注意喚起に書き換えが妥当なのではないかと思うのですがいかがでしょうか。

    何卒、ご参考にして頂ければ幸いです。

    1. ご忠告ありがとうございます。
      該当製品に小生も出資しておりますが、元々クラウドファウンディングとは夢への投資で、報酬となる製品はその製品が実際に完成したと言う前提で提供されるものであり、実際に思っていた以上に費用がかかり資金難から完成せずに報酬が送られて来なかったものや、特許がらみの訴訟で多額の弁護士費用が発生し倒産した会社、中には出資金だけ集めて持ち逃げしたケースや、使い込んで計画倒産した会社など様々なケースがあり、小生も年間何十件と投資していますが、リターンが返って来るのは70%程度で3年も4年も塩漬け状態で更新メールも来ないと言う案件も山の様にあります。

      ですから当該製品も確かに疑わしい面もありますし、確かに多額の出資をされていますので、それが返って来ないのは不本意なのかもしれませんが、気長に待たれてはいかがでしょうか?

      クラウドファウンディングは100%リターンを保証する為のものではありません。それは注意事項にもしっかりと明記されています。
      この世に存在しないものを具現化する為の出資ですから、既に製品化されている商品を買うのとは違い大きなリクスが生じます。出資だけしてリターンゼロと言う可能性は大いにありますので、みなさんも出資される際にはリターンが返って来ればラッキーと言った程度の気持ちで、出資は行って下さい。

  2. とうとう今月下旬クラウドファンティングで取り扱いが始まりますね。
    購入検討していますが楽しみです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です