レバーを倒すとパッとカードが扇状に飛び出て来るカードケースが豪華にアップグレード「Fantom R」

小生も愛用しているカードケースFantomについてはこちらの記事で紹介させて頂いておりますが、このFantomが最強にグレードアップしてKickstarterに戻って来ましたので、その改良点を含めた変更点をご紹介させて頂きます。


よりスムーズな動作へ

このFantomには特許取得済みのファンニングメカニズムによってレバーを起こすと収納したカードが一定の間隔で重なった状態で段違いに扇形で広がって飛び出て来る事でカードのデザインをはっきりと見とれる事ができて目的のカードをスムーズに1回で取り出す事ができるのが一番の特徴です。

ただクレジットカードはほぼどの会社のカードも統一された大きさなので出し辛いだとか入れ辛いと言う事は感じないのですが、ポイントカードの様な独自のカードだとサイズが微妙に大きかったりすると引っ掛かって取り出し辛いと言うものも、実際に使っていてよく感じます。

そこで今回紹介する「Fantom R」ではプラスチックで作られていたフレームを全てアルミ製フレームと部品に変更する事で、射出成型の樹脂では難しいミクロ単位の加工によってカードがスルスルと滑る様にかつ滑らかに動く様になりました。

高級感が限りなくアップ

そして「Fantom R」は”Fantom”がプラスチックフレームにアルマイト加工のアルミ蓋と言う構成で形作られいたのに対してアルマイト加工のアルミフレームに天然のウォールナット、カーボンシート、革と言う高級感を演出する3つの素材を貼り付ける事で一気に一般庶民が持つものから紳士が持っていても全くおかしくないカードケースへとグレードアップされています。

オプションのマネークリップ

そしてオプションのマネークリップについても10色も用意されているだけでなく、何と贅沢にもチタン合金を塗装しています。
その色の内訳は、ナチュラル・チタン、ブラック、ゴールド、ブルー、レッド、オレンジ、イエロー、ティール、ローズゴールド、パープルとなっています。

小生はこのマネークリップのオプションは不要だろうと省いたのですが、お札を裸でFantomと一緒にポケットに入れるとお札が常にクシャクシャになってしまうので、財布を持たずこのFantomだけを財布として持ち歩かれると言う方はマネークリップは必須ですので是非、オプションでつけておいてください。
またこの”Fantom R”もカードの収納枚数で7,10,13(枚)と言う3種類のバリエーションが用意されていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1338372981/fantom-r-wallet-the-card-fanning-wallet-evolved

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です