雪山や海、そして日常生活でもあらゆるシーンでフォルムを変えて装着できる3ポジション・サングラス「FALCON」

世の中には適材適所ではありませんが、場所やシチュエーションによって道具を使い分ける方と、どの様な時でも愛着のある道具を使うと言う方がおられます。
前者はその時の状況やする事、やる事によってカスタマイズされ作られていますので使い勝手も良いのですが、日頃使っていないものを使うと違和感と言うものがあったりします。
それが今回紹介するサングラスとなると、スキー場に行って普段かけているサングラスをかけて滑るのと、スキー用のゴーグルを着けて滑るのとではスキー用のゴーグルの方が本当は良いのですが、普段使っていない分、見え方に差が出て来ますし、乱視が入っている様な方ですとゴーグルのレンズの湾曲と眼の乱視とで周囲の風景が歪んで見えたりしてするとそれはそれで危険です。

また釣りなどでも海面に当たった太陽の光の反射で眼が疲れない様にそれら光をシャットアウトする偏光レンズや、ポラライズド加工が施されたレンズをかけますが、これも慣れていないと足下の悪い岩場で釣りをしたりするとちょと危険です。

そこで今回はあらゆるシーンで共通して使えるサングラス「FALCON」をご紹介いたします。

フルゴーグル設定で眼を完璧に保護

まずこのサングラスと呼ぶべきか、ゴーグルと呼ぶべきか悩む所の「FALCON」の一番の特徴は大きなレンズです。
このレンズは左右分かれておらずゴーグルの様に一体化しているのですが、それには訳があります。
みなさんもサングラスをかけていてサングラスの隙間から入って来る太陽の光を眩しく感じたり、風が強い日に風に巻き上げられた砂埃がサングラスの隙間から眼の中に入り痛い思いをしたなんて事はあるでしょう。
そんな光(紫外線)や砂埃、風等の影響を遮断する為にこの「FALCON」はこの様な大きなレンズになっているのです。

3パターンにトランスフォーム

そしてこの「FALCON」はテンプルと言って耳にかけるツバの部分が脱着できる様になっており、付属のゴーグルストラップや紐に付け替えて多種多様な用途に使えます。
例えばスキーやスノボー、モトクロスバイクの様に激しく動く様なスポーツの場合は絶対に外れない様にゴーグルストラップがベストですし、マリンスポーツの様なものはゴーグルストラップよりも紐の方が楽ですし落とす心配がありません。

またランニングを日課にしている様な方には汗が眼に入らない様に汗を吸い取る磁力で脱着するスエットバンドなども付属していますので、あらゆるシーン、スポーツ、レジャーで利用する事ができます。

レンズは5種類

そして「FALCON」はレンズも脱着し交換する事ができます。レンズはセットによって1枚ないし2枚を5種類のウチから選ぶ事ができ、もし全種類欲しいと言う方は追加で購入する事も可能です。
また5種類のレンズは光の透過率で6%がブラックレンズ、透過率16%がブルーレンズ、20.5%がレッドレンズ、54%がオレンジレンズ、95%がクリアーレンズになります。このうち、クリアーレンズ以外はUVカットの他にポラライズド加工が施されていますので、みなさんがこの「FALCON」を使うシーンを考えてレンズはお選び下さい。
ちなみにブラックレンズで夜間、車の運転は危険なので最低でもオレンジレンズがベストでしょう。と言う様に用途に応じて向き不向きがありますので、詳細につきましては下記URLにてご確認ください。

https://www.kickstarter.com/projects/nakedoptics/naked-optics-falcon-the-future-of-sports-sunglasses

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です