Newガジェット

一人暮らしの方や、自宅外でも手軽にドリップコーヒーが飲みたいと言う方の為の「Pakt Coffee Kit」

やっぱりインスタントよりも、ドリップコーヒーの方が良いと言う方にとってコーヒーメーカーはとっても簡単にいつも同じテイストのコーヒーを淹れてくれる最高の相棒です。
ただやはり自動でお湯を沸かしてドリップするので、1,2杯分しか1度にドリップしない様なコーヒーメーカーでも結構な大きさがあり、一人暮らしのワンルームマンションのキッチンに置くには結構邪魔です。

一方最近はカプセル式のコーヒーメーカーなどもあり、より本格的なコーヒーが手軽に飲める様にもなっていますが、こちらは1度に1杯しかドリップしませんので非常にコンパクトに作られたものもありますが、問題は自分の好きなテイストのコーヒーのカプセルがラインナップされているかですがそれをオフィスでもとなると、自分の会社なら大丈夫ですがサラリーマンでは無理な話で。

そこで今回は自宅でもオフィスでも、手軽にドリップコーヒーが楽しめるドリップ・キット「Pakt Coffee Kit」をご紹介致します。

ちょっと大きめのステンレスボトル

この「Pakt Coffee Kit」は一般的な円錐形のコーヒードリッパーが付属しているちゃんとしたペーパードリップ式のコーヒーメーカーなのですが、一番の特徴は一番大きなボトルの中に必要なパーツが全て収納されており、持ち運びが非常に楽になる様に作られている事です。
もちろん専用のキャリングケースも付属していますので、そのキャリングケースをバッグに入れて持って出掛ければオフィスでもどこででも本格的なドリップコーヒーが飲めるますし、コーヒーの粉を入れておく為の密閉できるコンテナや、コーヒーの粉を入れる為の軽量スプーンまで一緒にパッケージされていますので他に持ち歩くものはなく、コーヒーも付属の円筒形のマグにドリップしますので、マグやカップを持ち歩く必要もありません。

お湯は自前で沸かす

そして肝心のお湯も、この一番大きなボトルが実は電気ケトルになっており、お湯を沸かす為にコンセントがある場所でなければお湯を沸かす事はできませんが、全て自己完結でコーヒーを淹れ、そして楽しむ事ができる様になっています。

また1回に沸かせるお湯の量は300mlと、普通のコーヒーカップなら2杯分は淹れる事ができる大容量さですので、二人で分けて飲むと言うのもアリです。

またマグもすぐにコーヒーが冷めない様に真空ボトルと同じ構造になっている他、シリコン製のカバーがつけられており手も火傷する事なくゆっくりと大好きなテイストのコーヒーを楽しむ事ができますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/pakt/pakt-coffee-kit-the-packable-pour-over-system

雪山や海、そして日常生活でもあらゆるシーンでフォルムを変えて装着できる3ポジション・サングラス「FALCON」前のページ

-85kPaでフードセーバーとしても使えるだけでなく、空気入れとしても使えるバッテリー内蔵圧縮ポンプ「Atmos」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    センサーがちょっと違うホームセキュリティー「Korner」

    indiegogoで見つけたホームセキュリティが面白い通常、窓やド…

  2. Newガジェット

    パラレルで使ってもUSB-C PD100W充電が可能な200W充電器とクレカより小さい100W充電器…

    USB-C PD出力対応の電源、充電器は3年前とは大きく変わり、発売す…

  3. Newガジェット

    AirPowerより使い易い3つのデバイスを最大10Wで同時に充電可能なポータブルQiワイヤレスチャ…

    約1年前に発表されつつも、その姿のみならず情報まで公式サイトからもほぼ…

  4. Newガジェット

    100種類以上のボールペン芯が使え、ペン先の出具合を、書きやすい様に微調整できるボルトアクション「S…

    筆記具の持ち方って人それぞれにクセがありますが、そのクセのためにボール…

  5. Newガジェット

    ヒートシンク型ケースで放熱特性を良くしたGaNハイパワーUSB-C PD120W充電器「DuoX」

    もうGaN(窒化ガリウム)を使った充電器と言うのは珍しくもありませんし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP