Newガジェット

フリスクケースの様に小さく超薄いUSB-C PD65W充電器「GaNgo Charger」

窒化ガリウム(GaN)半導体の登場でUSB電源は非常にコンパクトになっており、半分以下のサイズになっていると言っても過言ではありません。
ですが縦横サイズは小さくなっても厚みはそのままと言うものが多く、ポケットに入れて持ち歩くにはポケットがプクッっと膨れてしまう様なものが多く、小さなポシェットに入れて持ち歩ける様な充電器があれば良いなと思っていても、そう言った充電器は今までありませんでした。

ですが今回紹介する充電器「GaNgo Charger」なら厚みの薄く、フリスクケースとほぼ変わらないサイズであるため、きっと気に入って頂けるはずです。


厚みのないポケットに収納できるサイズ


今回紹介するUSB充電器「GaNgo Charger」は、縦78.3mm×横43mm×厚み10.8mmと現在のフリスクのケースの大きさが70mmx37mmx11mmですから、ほぼ変わりません。
ですのでこの「GaNgo Charger」ならショルダーバッグのポケットの幅があまりないサイドポケットにもシュッと収納する事ができますし、もちろんポケットが膨れたりすると言う様な事もありません。

またこのフリスクケースサイズであれば、ポケットに常時忍ばせておくと言う様な事も可能ですし、シャツの胸ポケットに入れても邪魔になりません。
更に昔のたくさんのカードやお札や硬貨を収納できる様な長財布や二つ折り財布であれば財布に入れて持ち歩くと言った事もできる様なサイズですので、1台何かの時のために常にバッグに入れて持ち歩いておくとバッテリーが切れそうになった時でも安心です。

更にこの薄さでありながら折り畳み式のコンセントプラグを採用している事で、プラグを取り出して立てれば、そのままコンセントに直差しできて充電が行えますので、使い勝手と言う点においては申し分ありません。


USB-C PDで最大65W出力


次にこのUSB-C充電器「GaNgo Charger」が魅力的なのは最大出力がUSB-C PD(Power Deliver)で65Wもの出力を出せる所です。
最大出力が65Wもあればたいていのスマートフォンやタブレットは急速充電できますし、MacBook Proだって65Wの出力があればサクサクと充電する事が可能です。
更にMacBook Proユーザーはあの大きくて重い充電器ではなくこの軽くてコンパクトな「GaNgo Charger」を一緒に持ち歩く事で移動中の負担を減らす事ができ一石二鳥ですので、もし詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1765980456/gango-ultra-fast-65w-mini-gan-charger

冷めたお弁当をただ温めるだけでなく、ヘルシーに温め直す弁当箱「OHAYO BENTO PLUS」前のページ

自走機能を搭載する事で長さ最大2mもの素材の加工が可能なレーザー彫刻機「Spider X1 Engraver&Cutter」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    コンセント直挿しで充電できる2台同時充電可能なモバイルバッテリー「BOLT²」

    あなたはBOLTと言うモバイルバッテリーをご存じでしょうか?出た当時、…

  2. Newガジェット

    照度300ルクスのLEDフラッシュを内蔵しiPhone充電機能もついたiPhoneケース「iblaz…

     夜のディスニーランドはとっても綺麗で幻想的ですが、それを記念に残そう…

  3. Newガジェット

    強力脱臭機能のおかげで約2週間、汚物処理しなくても大丈夫なネコ用全自動トイレ「ChouBox」

    ネコをペットとて飼う利点は、ほとんど世話をしなくても良いと言う事です。…

  4. Newガジェット

    12トンの油圧カッターを使っても切断不可能な自転車用・指紋認証ロック「ZiiLock」

    大切な愛車を盗まれない為に駐輪時に一番気をつけなければならないのは、愛…

  5. Newガジェット

    くら寿司のビックラポンでまたもやシークレット「シセラ・セイレーン」が当たった

    先日、息子がママと妹の3人で くら寿司 にまたもや行ったところ、ビック…

  6. Newガジェット

    グラフェン生地とエアロゲルチューブをサンドイッチする事で−20℃〜20℃の環境下で着用できる「Aer…

    最近は暑くなって来たとはいえ、朝晩と昼間の気温差が非常に大きく、朝出か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP