市販のお皿や容器を使って真空保存が可能なバキュームポンプと蓋のセット「Equilibric」

テレビショッピングの他にホームセンターやキッチン家電を売る家電量販店等で真空保存機・真空保存容器なるものが数多く売られていますが、真空保存をすると食材が長持ちすると言う事以外の事はあまり知らないと言う方が殆どです。
では何故真空保存すると食材が長持ちするのかと言うと、酸素がないからです。

食材は酸素によって酸化して変質・変色して行きますので酸素がないと言う事が酸化が進みません。また外部の空気が入って来ないので空気中を漂うカビの菌なども入って来ませんし、カビも酸素がないと繁殖しませんのでカビも生えないのです。

ですから結果として真空保存する事で食材は長持ちすると言う訳なのです。

ところが真空保存をしようと思うと必ず専用の容器に入れないと保存はできません。確かに隙間から空気が入ったのでは真空保存にはなりませんのでキッチリと空気が入らない様に閉じる容器が必要なのは分かりますが、余った料理を専用容器に移し替えて保存して、また食べる時にお皿に移すなら、そのままお皿で真空保存できた方が洗う手間も省けますし、洗う為の洗剤や水も節約できますのでエコにも繋がります。

そこで今回は、みなさんがご家庭で使っている容器を使って真空保存が可能な「Equilibric」をご紹介致します。


冷蔵庫で30日もフレッシュな状態を維持


この「Equilibric」は蓋と真空ポンプのセットで市販の容器を真空容器に変える事ができるのが特徴です。
使い方も鍋蓋を鍋に蓋する様に、容器の大きさにあった蓋(直径25.5cm、20cm、14.5cmの3サイズがラインナップ)を容器に被せて真空ポンプで空気を吸い出すだけです。
これで冷蔵庫に入れて保存すればサラダなら30日はフレッシュな状態で保存可能です。

ただ1つ気を付けなければならないのは、容器の縁がフラットではない容器では空気が隙間から入るので向いていませんし、陶器のお皿や容器で縁がザラザラとした様なものは空気が流入するので保存には向いていません。

また真空になると言う事は隙間がないので、スープ等の保管にも最適ですし、運んでいる最中に溢したりと言う事もありません。ただこの蓋をつけたままの電子レンジ調理はNGです。


ワイン用コルクもラインナップ


またこの「Equilibric」にはお皿や容器、鍋などを真空保存する為の蓋の他に、ワインボトル用の真空栓も用意されています。
そしてこの栓も蓋と同じ様にボトルの口に差し込み、ポンプをセットして空気を吸い出せばたった5秒で真空状態に持って行く事ができますので、お酒が飲めないけれど、ほんの少し、グラスの底にちょっとだけ入れて飲みたいなんて時も気にせずフルボトルを一人で明けて飲む事ができますし、栓をする事で酸化を止める事ができますので、コルクを明けてもいつまでも同じ風味を楽しむ事が可能です。


収納場所を取らない


そしてこの「Equilibric」には収納場所を取らないと言うメリットもあります。
一般的な真空容器は重ねる事ができなければ、容器の数分だけ収納場所が必要になりますし、既にみなさんのご家庭のキッチンにも数え切れないくらいのタッパーがあるのではないでしょうか?
一方この「Equilibric」は単なる蓋だけなので収納場所を取ると言えば取りますが、立てて並べて置いたり重ねて置くととてもコンパクトに収納する事ができ収納性は言う事ありませんので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/colander/equilibric-vacuum-lids-and-pump

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です