離れた場所から見るのにはとても便利な被視野性に優れた約15cm×5cmのビックデジタルタイマー「Timebirds」

その昔は身近で安価に時間を計測する為のガジェットと言えばストップウィッチしかありませんでしたが、今では誰もが持っているスマートフォンの時計やタイマーアプリ等で代用する事ができます。
ただスマートフォンを火や水を使うキッチンや、人が行き交いたくさんのマシンがあるジムで使うにはリスクが存在するのも間違いなく、そう言った場所でスマートフォンを壊してしまった、損傷させてしまったと言う方も少なくはありません。

そこで今回は、見やすく手軽に使えるデジタルタイマー「Timebirds」をご紹介致します。


5つのモード


ではまず最初にこの「Timebirds」が持っている時間計測の5つのモードには
UP : カウントアップタイマー(ストップウォッチ)
UP rd : ラウンドによるカウントアップタイマー(例:EMOM(Every Minute on the Minute:エブリミニットオンザミニット)の様な1分毎に新しいエクササイズを始めるインターバルトレーニングの際に使用)
dn : カウントダウンタイマー
nt : インターバルトレーニング用のカスタムタイマー(トレーニングタイムとインターバルタイムを自由に設定できるのでタバタ式トレーニング等に活用可能)
cL : 時計表示

があり、変更ボタンは大きくまた防滴性も持っていますので、汗で濡れた手で操作したり、手袋をしたまま操作したりする事ができる様になっています。


高い被視野性と磁石吸着


次にこの「Timebirds」にはELやTFT液晶ではなくあえて昔から使われている高さ約4cmもある大きな7セグのLEDが使われています。
これは数字を表す7つのラインがそれぞれ自らLED発光する事で、スマートフォンの画面の様に蛍光灯や太陽の光がモニターに当たった時に見え辛くなる事がないからです。

しかもこの「Timebirds」にはLEDが内蔵されており、金属製のフレームやホワイトボードと言った場所に吸着させて固定する事ができますので、トレーニングジムの様なトレーニング機器のある場所でば割と見えやすい位置に貼り付けておくことができる様になっています。


ミリタリークラスではないけれど


更にスポーツジムや体育館と言った様な場所で使用する事を想定して、まずこの「Timebirds」の7セグLEDを覆うカバーには衝撃や傷に強い透明なポリカーボネート樹脂カバーで覆われています。
また内部の基板も振動等で動いて損傷したりしない様にリブによってガッチリと動かない固定されており落としたり投げたりしても安心な様に設計されている他、連続8時間駆動の大容量バッテリーも振動で発火したりしない様にこちらもしっかりと固定されていますのでより安心してお使い頂けますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/timebirds/timebirds

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です