寒くなりホットドリンクが恋しくなる季節、温かいものはずっっと温かく頂く事のできるヒーター内蔵マグ「BOLT」

みなさんそろそろ、スタバへ行ってもフラペチーノではなく、ついつい身体を温めてくれるホットドリンクに目が行っていたりはしませんか?

寒くなって来るとどうしても温かなドリンクで身体を温めようとしますが、淹れ立ては口をつけたら火傷しそうなくらい熱いドリンクも、気温が低いとそのドリンクの温度の下がり方も比例して急に下がって来ます。

そこでドリンクの温度を下げずに保つには、普通の陶器のマグではなく真空構造の保温マグか、最近種類も増えて来た、ヒーターでマグを温めるヒーターマグが便利です。

前者の保温マグは真空ボトルとは言え、飲み口を解放していると空気中に熱を放出して行くので徐々に冷めて行きますし、ヒーター内蔵のマグはスイッチや電熱線等が入っているのでマグそのものを洗う時に優しく手洗いして内部に水が入らない様に気を付ける必要があります。

と言う様にどちらも一長一短があるのですが、今回紹介するマグ「BOLT」は両者の良いとこ取りをしたマグとなります。


ワイヤレスで温度をキープ


まずこの「BOLT」の特徴として5400mAhのバッテリーとヒーターを内蔵しており、ワイヤレスと言うか、電源ケーブルを接続していなくても保温状態を最大4時間キープできると言う特徴を持っています。
そのため、マグを持っての移動が制限されたりと言う事もなく、自宅、オフィス、車内とどここででも使えますので、非常に使い勝手の良いマグと言えます。

またカップは真空二層構造となったいわゆる保温容器仕様になっていますので、これも少バッテリー容量で長時間の保温をキープできる要因となっている他、ドリンクの温度は45℃、55℃、65℃と10℃刻みで3段階に調整できる様になっていますので、舌を火傷しようなドリンク温度が65℃が好みの方も、猫舌で65℃なんて飲めたものではないと言う方は45℃と好みの温度を選ぶ事ができる様になっています。


セパレート構造


そしてこの「BOLT」の特徴的な構造として電源とヒーターが入ったコースター!?部分と言うか底部分とマグ本体の上部が分離する様になっている事が挙げられます。
大抵、ヒーター内蔵の部分は一体型になったものが殆どなのですが、この「BOLT」に関しては分離する事ができ、上のカップ部分だけを付け替えて冷えたドリンクを加熱すると言う事ができますので、もし誰かのヒーター部分が充電されていなくて困っている様な場合、貸してあげる事ができますし、また元々真空方式のマグカップで蓋もしておけば早々冷めるものでもありません。

また底の部分はカップから分離するとカップと結合しているのを検知して加熱する仕組みとなっている事からすぐにOFFになりフェイルセーフもしっかりしています。
更にドリンクを飲み干してしまった後は空焚きをしない様に自動でOFFになると言った便利な機能も備えています。


食洗機okは有り難い


そしてこの「BOLT」は電源とヒーターが入った底の部分がカップ本体から分離できる事から、何とカップ部分は食洗機で洗う事ができるのです。
一般的にこう言った同ジャンルの加熱機能のついたマグなどは漏電を考えて手洗いが基本で、その手洗いも電源コンセント部分やスイッチやその他隙間から水が浸入しない様に気を付けて洗わなくてはいけないのですが、この「BOLT」に至っては食洗機で大雑把に洗っても壊れないと言う特性を持っていますので、まさに主婦の見方とも言えるマグ仕様となっていますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/thunderdungeon/bolt-a-modular-heated-mug-designed-to-go-in-the-dishwasher

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です