自転車用スマートフォンホルダー”Loop Mount ”がバージョンアップでより使い易くなった「Loop Mount Twist」

自転車に取り付けるスマートフォンホルダーの唯一の欠点は盗難に合いやすいと言う点です。
特に角度や方向を自在に返られるスマートフォンホルダーの場合、ボールジョイントを採用しており、このボールジョイントはナットを緩めると簡単にホルダー部分が外れるだけでなく、割とメーカーが違ってもボールの部分のサイズは同じなので同方式の他社のスマートフォンホルダーに取付が出来たりしますので盗まれやすいのですが、1番の問題は遠目から見て解るフォルムです。

駐輪場でちょっと見合わすとハンドル部分にニョキと生えたスマートフォンホルダーはとても目立ちますので、探すのも楽な上に外すのも楽と来ると盗まれない理由はありません。

そこで目立たないスマホルダーの方が盗難対策としては良く、そんな目立たないスマホホルダーが”Loop Mount”なのですが、今回はその”Loop Mount”のバージョンアップ版「Loop Mount Twist」をご紹介致します。


つけていても目立たない


このスマートフォンホルダー”Loop Mount”の魅力的な点は何と言っても取り付けている事が分からない事です。
自転車用のスマートフォンホルダーの多くが自転車の振動に負けてスマートフォンを脱落させない様に四隅をガッッチリとホールドする作りとなっている事からスマートフォンをホールドする部分はスマートフォンと同じ様な形状、サイズになっており非常に目立ち、それがスマホホルダーの盗難を助長すると言う悪循環になっているのですが、この”Loop Mount”は遠目で見ただけではホルダーがハンドルバーに取り付けてある様にも思えませんので安全です。
また取付ボルトも六角ナットを使用しているだけでなく、ホールの中に埋め込むタイプで電動ドライバーが使い辛く素早く取り外して盗むと言った事もできない様になっていますので、これも安心材料の1つです。

更に挟み込むタイプのホルダーの場合、自転車の走行中の振動によって脱落すると言うのが1番の心配事項ですが、それはカギ爪状になったフックによってガッシリとスマートフォンをホールドする様になっておりバンプしてもスマートフォンは飛ばない様工夫されていますのでご安心下さい。


回転する様に


そしてこの”Loop Mount”の唯一の欠点はハンドルバーに固定した時にスマートフォンの向きは常に横向きに固定されていた事です。
これはスマートフォンにナビゲーションさせると言った場合には地図を広く横長に見る事ができますので良いのかもしれませんが、停車中にメッセージを見たり、Pokemon GOをプレイしたりと言った縦向きでないと操作し辛いアプリの場合は横向き固定はやり辛くして仕方ありません。

ですが今回紹介する「Loop Mount Twist」では90°回転する様になりましたので、縦向き画面のアプリもホルダーに装着したまま操作しやすくなります。


より幅広い形状のハンドルに対応


また”Loop Mount”はママチャリでよく見かけるバータイプではない(水平はハンドル)セミアップハンドルと呼ばれるMの字の様な形状をしたハンドルには取付はできても、バーが”Loop Mount”の幅分だけ真っ直ぐになった部分にしか取付できませんので、見易い位置と言うよりは画面が傾斜する様にしか取り付けできません。
そこで「Loop Mount Twist」では”Brompton Adapter”と言うシリコンゴムを使ったベルトをバーに巻き付ける事でハンドル中央部分やその他見易い場所に取付が出来る様になっています。

更にアダプターに関しては太いステムにも巻き付けられる”Universal Adapter”も付属しており、従来の”Loop Mount”よりは取付できるハンドルが格段に多くなっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1665832425/loop-mount-twist-the-minimal-phone-mount

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です