最大12Nmの力で路面からの抵抗をビンビンと腕で感じ取る事ができるPCゲーム用ドライビングハンドル&ペダル「Feel VR」

今回紹介するスゲーム用テアリングホイール・コントローラー「Feel VR」はダイレクトモーターを使い路面から受ける抵抗をリアルに再現できるVR(バーチャルリアリティー)ではなくリアリティーを追求したコントローラーになります。

そしてそのパワーは何と12Nm(ニュートンメーター)と超強力です。

ところで12Nmと言われてピンと来ないかもしれません。1Nmをみなさんに馴染み深い単位に変換すると1Nm=0.102kgf・mとなり12Nm=1.2237kgf・mとなります。これは1mの棒の片側に1.2237kgの重り(1Lのペットボトル+250mlのボトルを足したくらい)をぶら下げたものを反対側の端を持って持ち上げて水平に保つ力と同等になります。
また12Nmはちょうど車のホイールのナットを締め付ける圧力と同じなので、タイヤ交換をされた方ならどれだけ力を入れないとナットが外れないかご存じのはずですし、それと同等の力でステアリングはモーターの力で動かされますので、ちょど重ステ(ノンパワーステアリング)のステアリングでハンドルを切る様な感覚を味わう事ができます。

ですからどれだけこの「Feel VR」が手にビンビンとパワーの伝わるステアリングなのかが分かりますよね。

さて次にコントローラーとし重要な解像度ですが、ステアリングの解像度は32000ステップと、1ステップあたりにすると0.011度ですからほんの僅かな腕の震えも明確にこの「Feel VR」は検出しゲーム中の操作車両の挙動へとリアルタイムで反映させますでの、どれだけこの「Feel VR」がホンモノに近いのかがよく分かります。

そしてこの「Feel VR」は解像度やトルクが高いだけではありません。ダイレクトモーターと言ってモーターの軸とステアリングを直結させる事で、ベルトやギアを使ってモーターと連動しているステアリングと比べて非常にクイックに動くだけでなくバックラッシュと言って、モーターが回転した状態から停止した状態へ移行した時のギアのガタやベルトのスリップによる戻しがありませんので、あれ?おかしいと感じる事はないでしょう。

またこの「Feel VR」にはベダルも用意されています。

このペダルもスプリングによって重さを調整する事ができ、クラッチは4~8kg、ブレーキは8~50kg、アクセルは2~8kgの間で自分の好みで軽くしたり重くしたりセッティングを自由自在に変える事ができる様になっています。

またこの「Feel VR」は最終的にはPC以外にPlayStation4やXBOXのサポートも準備していますので目が離せませんよ!!
なお詳細につきましては下記URLにてご覧下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/feelvr/feel-vr-the-affordable-direct-drive-racing-wheel-a

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79939

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です