SDexpress、CFast、CFexpressと言った高速アクセスメモリの読み書きが可能なマルチカードリーダー「ANYOYO」

今ではデジタル一眼レフやミラーレスカメラを含めて多くのデジタルデバイスがSDカードやmicroSDカードを使っていますが、その昔はSDカードの読み書きは遅い上に大容量なカードが存在しませんでしたのでカメラではCF(CompactFlash)やxDピクチャー、SONYではメモリースティック、そして大容量さがウリのマイクロドライブ、SDカードに似た形状をしたSDカードよりアクセススピードの早いSmartMediaやMMCと言った多くのメディアが混在していました。

ですが最近はカメラの画層数も増え、写真1枚あたりのファイル容量も大きくなっており、連写した際に高速で読み書きできるメディアが求めらるのと共に新しく制定された規格がSDカードの高速アクセス規格であるSDexpress、そしてCFカードはパラレル転送ですが、シリアル転送を採用する事で高速化されたCFast、SONYが全く新しく作り出したCFexpressと言うメモリが登場しており、これらを一括で読み書きできるカードリーダー「ANYOYO」を今回はご紹介致します。


扱えるメディアは5タイプ


今回紹介するカードリーダーは現在、最も早く読み書きができ、デジタルカメラやデジタルビデオカメラで採用が増えて来たSDexpress、CFast、CFexpressそして今現在、最も普及しているSDカード、microSDカードと言った5タイプのメディアを扱える点にあります。
特にCFexpressはSONYの規格である為にSONYの製品にしか採用されておらずカードリーダーもSONY製のものしかありませんので、SONY製のビデオカメラとCannon製のデジタルカメラを持ち歩くと言った場合複数のカードリーダーを持ち歩かなければなりませんが、この「ANYOYO」であれば現時点で最新の高速メモリの全てを読み書きできますので、将来的に機材を買い変えた時にこのカードリーダーだけは次の規格が出て来るまでは最新のものとして使い続ける事が出来ます。

しかもUSBインタフェースはUSB3.2 Gen2規格を採用していますので最大10Gbpsで転送できる事からUSB-Cコネクタを装備しUSB3.2 Gen2規格をサポートしているPCであればどのメディアも最大速度で快適にメディアからPCへとデータを転送する事が可能です。


スマホやタブレットでも使用可


そしてこのカードリーダー「ANYOYO」はPCだけではなくスマホやタブレットに接続して使用する事ができるのも魅力的な点の1つです。
ただ最近のカメラやビデオカメラはWiFi等でスマホと接続でき、スマホでカメラの中に記録されたデータ等をスマホに移したりと言う事ができますが、やはり電波を使っている分、アクセスは非常にゆっくりです。
その点カードリーダーでしたらサクサクと大きな動画ファイルもすぐに転送する事ができますし、撮影したばかりの画像や動画をスマホを使ってすぐに送りたい、SNSにアップロードして披露したいと言った時にストレスなくサクサクと迅速にカードリーダーがあれば作業する事ができます。

またスマホで撮影している途中でスマホのメモリーが一杯になったと言う時でもカードリーダーとメディアさえあれば一時的にスマホに記録されたデータをメディアの方へバックアップしたりと言った事が出来ますので、そう言った意味でも携帯しておくと何かと便利です。


拡張ハブを使って最大3台のカードリーダーを同時使用


そしてオプションにはなりますが、USB-Cポートを4ポート備えたハブを使う事で1台のPCに対して最大3台の「ANYOYO」を接続する事ができます。
つまり1つのCFexpressからもう1つのCFexpressにファイルを転送したりと言った作業がPCのSSDを一時的に利用しなくてもダイレクトにファイルのコピーや移動が出来ますし、もちろん1台の「ANYOYO」においてCFexpressからSDexpressにファイルを移動すると言った事もサクサクとこなす事ができますので、カメラを複数台持っており、メディアからPCにファイルを移動させるのではなく、元のメディアに保存されている状態のファイルを編集したいと言った作業も快適にこなす事ができますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/691110562/anyoyo-a-4-slot-high-speed-scalable-multi-flash-card-reader

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です