空調服はちょっと….と言う方に普段着に取付可能なクーリングファン「COOLY」

みなさんは空調服ってご存じですか?
空調服と言うのはベストなどにファンを取り付けた服の事で、服の中に外気を取り込み、服の中のたまった体温によって温められた空気を服の外に追い出す事で服の中の温度を下げると言う夏に屋外で作業をされる方の強い味方です。

ただこれまでは、屋外で作業される方向けに作業服を作っているメーカーが主となって製作・販売をしていましたでどちらかと言うと現場作業されておられる方が着ておられる様な服にファンを取り付けていたので、オシャレとはほど遠いものでした。

ですが昨年の夏はスポーツ用品メーカーや衣料品メーカーなどからもスポーツ時に着用できる様な空調服も登場して一気に一般化しただけでなく、それまで作業服屋やホームセンターでしか買えなかった空調服が衣料品量販店やスポーツ用品店などでも手に入る様になっておりオシャレなものも多くなっていますが、どの様な服装にでも合わせられるかと言うとそうではありません。

そこで今回はファンだけを単独にする事で普段着に取り付けられる空調ファン「COOLY」をご紹介致します。


ファンが見えるのがダサイ


今回紹介する「COOLY」はベルトないしパンツやスカートに引っ掛ける為のフックがついておりウエスト部分に引っ掛けて外気を服の中に取り込む仕様になっています。
そのためみなさんが普段着されているどの様な服にでも取り付ける事ができるのですが、外気を効率良く取り込む為にファンを露出させなければならずシャツや上着の裾が「COOLY」を覆わない様に「COOLY」上部のフックにシャツや上着の裾を引っ掛ける様になっています。

ただこれってファンが丸見えですし、裾がめくれ上がっているので見た目の格好としてはあまり良いとは言えないのがこのウエスト引っ掛けタイプの空調ファンの欠点で、同ジャンルの他の製品でも一様に同じですし、底から空気を取り込むタイプは開口部が小さいのでたくさんの空気を取り入れる事ができませんので風を送り出すパワーが弱くなるか、パワーを上げるとバッテリーが早く消耗すると言うのが欠点です。


ダクトカバーでダサさを解消


そこでこの「COOLY」はどうしたのかと言うと側面のファンの吸気口を覆うダクトカバーを作りファンが衣服を吸い込まない様にした他、吸気口を「COOLY」下部に移す事で吸気力はそのままに服で「COOLY」が覆い被されても大丈夫な様になっており、それと同時に「COOLY」を上着で覆い隠す事ができますので、服装のイメージも壊しません。

また本来なら夏に着ると激汗をかいて大変と言った服でもファンがある事で服の中を常にドライに保つ事ができますので、今まで夏には絶対着なかった服でも着て出かける事ができる様になります。


USB-Cで充電時間は3時間


そしてこの「COOLY」のもう1つのオススメ点はUSB-Cで充電が出来る様になっている所です。
こう言ったUSB充電のデバイスはいまだにmicroUSBなのでこの「COOLY」の様に4000mAhもバッテリー容量があると5〜6時間は充電に時間を要します。
ところが「COOLY」はUSB-Cにする事で3時間で4000mAhのバッテリーをフル充電する事ができますし、バッテリー容量が大きいのでファンスピード3段階中、MAXでも2.5時間、Midで4.5時間、Lowだと6.5時間も連続使用可能なのも嬉しい点なので、もし空調ファンについて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1099643647/cooly-completely-hands-free-portable-fan

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です