Newガジェット

今までのクラーボックスを覆す、エバフォーム素材を使った軽量・長時間保冷可能なクーラーボックス「FOAM」

クーラーボックスはハードとソフトの2種類に分かれ、ハードクーラーボックスは発泡ウレタンを断熱材として使用している為保冷力が高いのですが、保冷力が高くなればなるほど発泡ウレタンの層が厚くなりますので、重くなるだけでなく、発泡ウレタンの厚みの分だけ内容量が減ると言うデメリットがあります。

一方でソフトクーラーボックスはクーラーバックですが、軽くて持ち運びし易く、使い終わればコンパクトに折り畳んで収納しておく事ができますが、デメリットとして保冷力が弱事が欠点です。

そこで今回はハードクーラーボックス的な面とソフトクーラーボックス的な面の2つを持つ新しいタイプのクーラーボックス「FOAM」をご紹介致します。


エバフォームって!?


このクーラーボックスにはおそらく素材名としては聞き慣れないエバフォームと言う素材が使われており、エバフォームが使われて身近な製品としてみなさんがあぁそれに使われている素材ね、と納得できるのがクロックスのサンダルです。

実はこのエバフォーム、クロックスのサンダルに使われている通り、軽量で頑丈な素材と言う事は履かれていてみなさんが、感じ取られておられる事と思いますが、実は断熱性にも優れており、家の断熱材やクッションフロアの素材としても使われていますし、ジョイントマットやバスマットなどの素材としても使われており、今回紹介する「FOAM」はそのエバフォームでクーラーボックスを作り上げました。


最大72時間の断熱性


では実際、どれくらいの断熱性があるのかと言えば、出し入れの回数、蓋の開閉回数や周囲の気温によっても大きく左右されますが、例えば夏のビーチサイドで置いておくなら保冷時間は12時間程度、この秋に涼しい高原にピクニックに食材を入れて行くのであれば最大72時間の保冷効果があります。

また大きさは30.4cm×30.4cm×30.4cmで、350mL缶で30本もの缶を収納できるだけでなく、これだけの内容量があっても重さはたったの1.81kgと非常に軽量に作られています。


シートベルト素材のストラップで肩への食い込み軽減


そしてまた、350mL缶を30本も収納すればその重さは保冷用の氷を抜いたとしてもその重さは10kg近く、クーラーボックスの重さも合わせると12kg近くにもなりかなりの重量になりますし、これを普通のベルトで肩にかけたのでは肩に食い込んで痛いのは当然です。

ただそれが分かっているからなのかこの「FOAM」ではシートベルトにも使われている幅広のベルト素材を使う事で肩への食い込みの低減と、うまくテコの原理を利用して脱着できる蓋をうまくベルトで固定できる様に工夫されていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/foamcooler/x/7929074#/

見た目はレトロだけど、中身は最新!!災害時にも便利なラジオ搭載Bluetoothスピーカー「Vindop Nixie Clock Speaker」前のページ

災害時に備えておくのはもちろん、キャンプに持って行くと絶対に便利な1回の充電で最大40Lの飲料水を作る事ができるポータブル浄水器「ITEHIL」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    完全ワイヤーフリー!!電源コードすら引く必要のない1080P画質WiFi防犯カメラ「EyeCube」…

    最近、テレビなどを見ていると事件等で防犯カメラの映像をよく目にする様に…

  2. Newガジェット

    チタン製キーホルダー型マルチツール「MyKee」

    自宅でもそうですが、出先や車の中で、ドライバーやハサミ、カッターと言っ…

  3. Newガジェット

    温かいものは温かくして、そして冷たいものは冷たいまま頂く事のできるランチボックス「Silbo」

    これから寒くなるとお弁当って嫌になりませんか?と言いますのも夏場は…

  4. Newガジェット

    学生でもお年玉で余裕で買えちゃう!!2万円を余裕で切るLCD-SLA方式3Dプリンター「SparkM…

     3Dプリンターと言えばどう言うものなのか、もう殆どの方がご存知だと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP