Newガジェット

疲れたら温水・冷水どちらでも目のマッサージができるモバイル・マッサージャー「AURAI」

あなたは日々の生活において目の疲れを感じる事はありませんか?例えば目の奥が痛いだとか、目を開けていたくても開けてられないとか。
目は開いていたら目は使っていますが、昔と比べて現代はスマートフォンやタブレット、PCやテレビと視線を固定してディスプレイを見続ける事が多く、その為に水晶体の厚みを変化させている毛様体筋が拘縮してしまい伸縮しなくなってピントフリーズを起こしててピントの調整がうまくできず若くして出て老眼の様な近視点のものが見え辛い老眼の様なスマホ老眼と言う症状を訴える人も増えて来ています。
ですから見え辛いと言う事はそれだけ見ようと凝視しますし、ディスプレイが精細になり目に入って来る情報量が増えた結果、目から入って来た映像を処理して映像を認識する視床下部が疲労して来て目の奥が痛いと言った症状が出るわけなのですが、そう言う時ってあなたはどうしていますか?
その時の症状によりますが温めたり冷やしたりすればスッキリしますよね。ただその場に例えばホットなおしぼりや、冷めたいおしぼりがあれば目に当ててケアする事ができますが、最近では喫茶店に入ってホットなおしぼりを目に当ててケアしようと思っても紙おしぼりを出す所が増えて来ていてそれができる飲食店も減って来ています。

そこでいつでもどこでも、目が疲れたら目のケアをする事ができるのが「AURAI」です。


この「AURAI」は何かと言うと目のマッサージ機器になります。

目の当てるパットの部分はシリコン製のバルーンになっており、コントローラーから温められたり冷やされたりした水がコントローラーと接続されたチューブで送られて来てアイパッドの中を水が循環する事でその水流が振動を起こして目をマッサージすると共に、温められたり、冷やされたりした水で優しく目をケアしてくれます。

では温水が良いのか冷水が良いのか?それはその時の状態によります。例えば目が炎症を起こしていれば冷水で冷やした方が気持ち良いですし、慢性疲労で血流が悪くなっているのでしたら温水で温めて筋肉を柔らかくして血流を良くする方が効果があります。
でもどちらかわからない時は気持ち良い温度を探して温度を変化させる事です。温度は18度~40度の範囲で調整する事ができますので温めたり冷却したりと両方の事が行えます。
ですが基本は目が熱つぼったく感じれば冷やす方がベターですし、そうではない慢性疲労なら温めて血流を回復してやる方が気持ち良くなって目の疲れは吹っ飛びます。

どちらにしてもこの「AURAI」はバッテリー駆動ですからオフィスでも自宅でもカフェやファーストフード店でもどこでもバックから取り出してすぐに使う事ができますから、ちょっと嵩張りますが目がよく疲れる方はバッグに入れて持ち歩くのがベストですよね。

なお「AURAI」の詳細については下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/346081795/aurai-the-worlds-1st-cool-warm-water-propelled-eye

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/74146

RaspberryPiにWiFiをBluetoothを追加してRasPi3に変身させる拡張ボード「IoT HAT」前のページ

長距離通信観測ができるLoRaチップを搭載したArduino互換ボード「LoRaONE」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    アームが自動で開閉しスマートフォンをガッチリと掴む!?Qiワイヤレス充電対応スマートフォン・ホルダー…

    あなたが車で使っているスマートフォン・フォルダーってとても使いやすいで…

  2. Newガジェット

    見た目おもっちゃぽいけれど、被視野性と充電性能に優れた自転車用ライト「LITTA」

    ついつい充電をする事が面倒で、ソーラー充電式の自転車LEDライトを選ぶ…

  3. Newガジェット

    あのセグウェイを世に送り出した会社が作り出した世界も最も乗りやすいローラースケート「The Drif…

    今年の夏頃にセグウェイを作った会社がローラースケートを作ったと言う事で…

  4. Newガジェット

    STEM教育に使用できる事を前提に設計されたプログラミング学習キット「Neuron」

     ”プログラミング”は今や親が子どもに習わせたい習い事No.1に挙がる…

  5. Newガジェット

    ロッククライマーじゃないけど、崖の途中にぶら下がって一度寝てみたいと言う夢を叶えるマット「G7 PO…

    皆さんには人には言えないけど、こう言う事をやってみたいと言う事はありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP