旅行に持参するなら!!どの様なビニール袋でも圧縮袋にできちゃうポータブル・バキュームポンプ「Aroo mini bar」

ン十年も前は飛行機を利用する際にスーツケースやキャリーバッグをいくつ預けても余程の事がない限り追加料金を取られる様な事はありませんでしたが、最近は預ける荷物も機内に持ち込む荷物も航空会社によっては大きさや重さの制限は若干違うものの、かなり制限が厳しくなっていますのでいかに小さいバッグに効率的に荷物を詰める事ができるかがキーとなります。

そこで活躍するのが圧縮袋です。衣類は幸いな事に袋に入れて圧縮してやると本当に小さくコンパクトになりますので、圧縮袋に入れて空気さえ抜いてやれば今までは蓋が閉まらなくて持って行くのを諦めていた衣類もドンドン入れて持って行く事ができます。

ですがその圧縮袋には空気を抜く為の方式が2種類あり、空気入れの様なポンプを使って抜くタイプと、袋を圧迫する事で事で空気を追い出して圧縮するタイプのものがあります。
前者は自転車の空気入れと同じでパワーに任せて空気を抜いてやれば、後者の空気を押し出して圧縮するタイプの圧縮袋よりは多くの空気を抜く事ができますので圧縮率は高くなりコンパクトになります。
ところが専用のポンプや袋が必要な上に、袋が破れて新しい袋を買おうと思っても既にモデルチェンジしていて前に使っていたポンプや袋が新しい製品では流用できないと言う事はよくあり、結果的に袋もポンプも買い直さなければならず、その度に出費が嵩みます。

ですが今回紹介します「Aroo mini bar」であれば、そんなモデルチェンジなど気にする必要はない上にジップロックの様な袋でも使えるなど、汎用性が高くなっており結果的にランニングコストを押さえる事ができます。


ではこのバキュームポンプ「Aroo mini bar」が、どの様な袋でも圧縮袋として使う事ができるのか?
それはこの「Aroo mini bar」の逆流防止弁(片方向にしか流れない様にする蓋の事です)が内蔵されたアダプターを両面テープで袋に貼り付けるだけで、その袋が「Aroo mini bar」専用の圧縮袋になるからです。

使い方は簡単で、袋を摘まみハサミでほんの少しカットして穴を開け、そこにアダプターを貼り付けるだけなのです。後は衣類を袋に詰め込みチャックを閉め(この時、ビニール袋やゴミ袋では完全に密封する事は無理なので、完全に密封する事のできるジップロックや既に使用している圧縮袋を使用する必要があります)、バキュームポンプ「Aroo mini bar」で空気を抜くだけです。

そしてこの「Aroo mini bar」の良い所は袋に貼り付けるアダプターは両面テープで貼り付けているだけですので、袋に穴が空いたり切れたりして真空にできなくなった場合は、アダプターを剥がして両面テープだけ付け直して別の袋にアダプターを貼り直せば、その袋が今度は圧縮袋として利用できる事です。

ポンプで空気を吸うタイプの圧縮袋は空気を追い出すタイプの圧縮袋に比べて価格が何倍から何十倍としますから、その時点で何でも使えるこの「Aroo mini bar」は、初期投資は高くなりますが、ランニングコストを見て行けば結果的に安く、そして使い続ける事ができるのです。

またこの「Aroo mini bar」の特徴は真空パックする袋を選ばない事以外に吸引力もすごいのです!!
「Aroo mini bar」の吸引力は55kPaと、ホームセンターで購入できる塗料の入ったあの硬いペール缶を、いとも簡単にペシャンコにしてしまうくらい吸引力が強く、しかも吸引力が強いと言う事は空気の吸い出し力もパワフルなのでどの真空パック機よりもその圧縮率は高く、こんなに圧縮できるのか?と圧縮された衣類を入れた圧縮パックを見て驚かれるのは間違いありませんので、もし興味を持たれた方は下記URLにてそのパワーは実際に映像をご覧になってお確かめ下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/782730980/aroo-mini-bar

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79813

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です