おぉ〜これは快適!!移動中も肩や腰をマッサージしてくれるバックパック「EUME」

みなさんは今の小学生や中学生がどれくらいの重さのランドセルやバッグを持ったり背負ったりして登校しているかご存じですか?
昔はA5やB5版が使われていた教科書もA4版へと大きくなった上に補助教材等も増えた上に、”置き勉(学校に教科書やノートを置いて帰る事)”も禁止され、小学生で最低でも7kg、中学生になると20kg近い荷物を持って毎日登下校しなければなりません。
ですから置き勉を認める様に働きかける方向で文部科学省が動いていますが、元々置き勉が禁止になったのは盗難対策からで学校へ私物を置いて帰ると、教科書やノートだけでなく、鉛筆1本、傘1本まで盗難に合う学校が出て来たからで、その状況が変わらないまま置き勉を許可すると、また盗難が多発して勉強にならないと言う事になりますので、かなり難しいものがあるのではないでしょうか?

それなら教科書や副教材をデジタル化してタブレット1つを持ち運びすれば良いのではないかと言う事で、そう言うデジタル化を試験的に行っている学校もありますが、全てがそうなるのにはかなりの時間を要するでしょうし、腰痛や肩凝りを訴える子ども達は増加の一途です。

それなら自分で対策するしかない!!と言う事で今回はバックパックに何とマッサージユニットが内蔵されたバックパック「EUME」をご紹介致します。


この「EUME」には丁度、バックパックの裏側!?背中が当たる面に肩が当たる部分と腰が当たる部分に振動する事で揉んでいる様な効果をもたらすバイブレーションマッサージャーが内蔵されており、肩にかけるベルトに内蔵されたボタンを押す事で、肩→腰→両方→OFFと言う様に振動してマッサージする場所を変える事ができるマッサージ機能のついた画期的なバックパックになります。

ですから移動中にあぁ〜腰が痛い….腰が辛い….肩が痛い、肩が辛いと言った様な時にベルトについたボタンを押してブルブルと震わせれば、次第に血流・血行が良くなって行き痛みが緩和されますので、荷物が重い時でも背負っているものの負荷は変わりませんが、痛みが引いて行きますので疼痛を感じながら移動するよりは快適に移動する事ができる様になります。

またマッサージ機を内臓するくらいですから身体の事がよく考えられており、重いバックパックが振動する事で受けるボディーブローの様な衝撃をウレタン素材の様なクッションが吸収する様になっているのも特徴です。

また身体に対する工夫はそれだけではなく、普通はフラットな背当てを、背中のS字カーブに合わせて曲線を描く様に背当てが作られており身体へピッタリとひっつく様になっています。
これは体幹加重を提げる意味もありますが、身体に密着していなければ歩く振動でバックパックが上下し肩にベルトがくい込んだり、バックパックが揺れて腰にガンガン当たって痛い思いをしますが、この「EUME」は背中にピッタリとひっつく様な曲線を描く事で揺れずにピッタリと背中に寄り添う様に張り付いた状態になり揺れませんので、肩への食い込みや腰へのボディーブローがなくなり快適に移動する事ができます。

そして収納性は今時のバックパックと変わりません。クラムシェル構造でガバッと開けて荷物が出し入れし易くなっている他、重さのあるノートPCやタブレット類は背中に近い部分に来る様にと配慮されている上にモバイルバッテリーや充電器、イヤホン類に文具類、そしてカード類までシステマティックに分けられる様に様々なサイズのポケットがついてできる様になっています。

と言う様にこの「EUME」に変える事できっと重い荷物でも快適に運べる様になるでしょうから、日頃からバックパックに入れる荷物が多くて肩凝りや腰痛に悩まされている方は、この他にも便利な装備類は沢山ありますので、詳細をお知りになりたい方は是非下記URLにて詳細をご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/641462987/eume-worlds-first-massager-backpack-that-relaxes-y

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です