パッキングが苦手な方もパッキングの達人になれる子バッグを活用したトラベルケース「VASCO」

旅行に出かける時は時間があるのでキッチリと入っていた荷物も帰り際になると荷物が増えた訳ではないのに蓋が閉まらない…..なんて言うパッキングの下手な方が少なからずおられます。

そう言う時はどうすると荷物を溢れさせずに澄むのかと言いますと、中に入れる荷物をそのままバッグの中に詰めるのではなく、小さなバッグ等に小分けにする事です。
そうする事でサイズ違いのものを積み上げて無駄に空間を消費し隙間だらけにして詰め込めていたはずなのに何故か詰め込めないと言うパッキングの苦手な方も、ジャンル毎に分けて子バッグに詰め、その子バッグを大きなバッグに並べて行く事で、誰もがパッキングの達人になる事ができます。

ただその子バッグもバッグに並べてギリギリ収まるもであればあるほど隙間も最小限になり最大限の荷物を効率的詰め込む事が可能ですが、そう運良くは買ったバッグに合うサイズの子バッグがあれば良いのですが、なかなかその様な子バッグはありません。

ですからその小分け用の子バッグを最初からセットされたトラベルケース「VASCO」を今回はご紹介致します。


この「VASCO」の子バッグは並べ方、組み合わせ方に法則はあるものの、必ず隙間なく並べる事ができますので、バッグの中で子バッグが動いて遊んで移動中にガチャガチャと音が鳴ったり、荷物が少なすぎて中で荷物が移動して開けた時にグチャグチャに絡まっていると言う様なはありません。

そしてキューブセットと呼んでいる衣類を収納する為の子バッグは、非常に圧縮性の高いバッグとなっており、圧縮するのに特殊な空気を吸い出す様な装置はいりません。
この手の圧縮袋はポンプを使って空気を抜いたり自ら圧縮して空気を抜いて行く袋が多いのですが、最近はジッパー使ってバッグを圧縮するタイプの圧縮袋が増えて来て、このキューブセットもそんなジッパーを使った圧縮袋を採用しています。
ただこのキューブセットは、他のジッパーを使った圧縮袋がジッパーで半分程度にしか圧縮できない所を、ジッパーを2重にする事で一度、ジッパーに半分にしておいてから更にジッパーで半分に2段階に圧縮し4分の1にまで圧縮できる能力を持っていますので、いつもの倍の量の荷物を半分の大きさのバッグに詰められる計算になります。

そしてシューズバッグはビジネスシューズの他に革靴などの手入れに必要なクリームやブラシ、スポンジ等も一緒にパッキングできる様になっている他、ホテルで履くためのサンダルやスリッパなどもサイドポケットに入れられる様になっていますので、ホテル等でゆっくりと靴を脱いでくつろぐ事ができますし、ちょと外出したりする時にも便利です。
またこの他にスニーカー用のバッグも用意されており、用途に合わせて組み合わせて使える様になっています。

更にトイレタリーバッグは最近流行の、バッグの中からアメニティー等を取りだして洗面台に並べなくても、そのまま洗面台の棚やガラスに引っ掛けて使える様になっており、出したり入れたりがないのでパッキングにかける時間を最小限にできてとても便利な上、もちろん防水なので濡れたものをそのまま入れてもバッグの中の他の荷物を濡らしたりと言う事はありません。

また洗濯物を入れておくランドリーバッグも用意されているのですが、これが見た目が全くランドリーバッグには見えず、ビジネスバッグにしか見えないので、ホテルのランドリーに洗濯物を持って洗いに行くのが恥ずかしい言う方でも気にせず洗濯に行く事ができます。

そしてこの他にも女性向けに形を崩さない様にパッキングできるランジェリーバッグや、ジュエリーケース、タブレットやスマートフォンや周辺機器を綺麗にパッキングできるエレクトリックバッグなど、様々なバッグがこの「VASCO」には用意されており、突然出張を言われる事が多い方は事前に何パターンか子バッグに詰めておいておけば、子バッグを「VASCO」に詰めるだけですぐに出かけられたりと非常に便利なトラベルケースですので、もし興味を持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/223985220/vasco-premium-versatility-travel-organisers

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/81329

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です