収納力と薄さと言う相反する矛盾に果敢に挑戦した超薄型二つ折り財布「Arc Clipfold」

世の中にはデザインも当然の事ながら薄くて軽い財布が欲しいと思っておられる方はたくさんおられます。
ですが、薄くて軽くなると収納力が犠牲になるだけでなく、薄さ、軽さに拘ると使い勝手と言う面においても劣ってしまいます。

更にそれがお札だけではなく、硬化、キャッシュカードやクレジットカードを入る様にすると、どうしても取り出し易い様に個々のポケットをつけなければならず、そのポケットに使用する生地の分だけ厚みが増して行ってしまいます。

ですがこの「Arc Clipfold」はお札5枚、カード類6枚、名刺4枚を収納しても厚みはたった1.3cm(13mm)と驚異的な薄さを誇る二つ折り財布なのです。

財布を薄く保つ為の工夫その1

まずこの「Arc Clipfold」では財布の厚みを薄く保つ為に普通ならお札のポケットは外側に配置し、その内側にカード類のポケットを取り付けるのが一般的ですが、この「Arc Clipfold」では一番内側にお札を収納する様にし、そのお札は落とさない様に平らなループ状のベルトの様なもので抑える事で、ポケットとして使う生地を排除し薄さを保っています。
またこのストッパーは開くと斜め45°に浮いてお札をフリーにするのでお札に出し入れには支障がない様によく工夫されています。

財布を薄く保つ為の工夫その2

そして次はカード類です。普通カード類はカード1枚に対して1つのポケットを用意し、それぞれのポケットに段差をつけて配置する事で目的にカードを取り出し易くしています。
ただそうするとカード3枚だと生地3枚分、カード4枚だと4枚分の生地が重なり合うためにその分だけ財布の厚みが増しますが、この「Arc Clipfold」はプルタブとでも言いますか、「Arc Clipfold」の外側に出ている紐を引っ張り出す事で一度に全ての収納しているカードがせり出して来る様になっており、カードを選び出し易く工夫されています。
またこのポケットには3枚のカードが収納でき、ポケットは2つあるので合計6枚のカードを収納する事が可能です。

財布を薄く保つ為の工夫その3

そしてまた、この「Arc Clipfold」には何と硬化を入れるポケットまでついています。
ただ財布を薄くする為にポケットにはなっておらず、の外側に生地にスリットを入れてそこにジッパーが縫い付けてありアコーディオン構造でポケットは開く様になっています。
そして以外にも大きく開くポケットには詰め込めばかなりの枚数(100円玉なら10枚程度)が入りそうなポケットになっていますが、詰め込むと財布がパンパンに膨らんでメリットの薄さはなくなりますのでご注意ください。

でもこんなにしっかりとした作りでこれだけ薄い財布ってなかなかありませんので、もし興味を持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/reverbrand/arc-clipfold-the-all-round-accessible-wallet

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です