スーツにシワ一つつけずに収納する事が可能な世界一コンパクトなキャリーバッグ「Curve Bag」

出張等で今日は移動だけだからスーツは着ずに手に持って、カジュアルな服装で行く様な時、みなさんはスーツってどうしていますか?
例えば1,2日の出張なら小さめのキャリーケースに着替えや仕事に必要な書類や道具、そしていつも持ち歩いているビジネスバッグを入れ、手にケースに入れたスーツを持って移動される方や、手に持つのが面倒だからとスーツを着て移動される方も中にはおられるでしょう。

ですが、スーツを着て移動しても手に持って移動してもシワになるものはシワになりますし、翌朝かホテルに到着した直後にズボンプレッサーでパンツは折り目をつけ、スーツもできればスチームアイロンなどでシワを取っておかなければヨレヨレのシワだらけのスーツではちょっとクライアントさんを訪問するのも躊躇われます。

そこで今回はスーツにシワ1つ付けずに持ち歩く事のできる世界一小さな、スーツを入れる事が可能なキャリーバッグ「Curve Bag」をご紹介致します。


スーツバッグ的なキャリーバッグ


では何故この「Curve Bag」がシワ1つつけずにスーツを収納できるのかと言うと、スーツバッグ的なキャリーケースだからです。
スーツバッグはご存じの様にスーツを持ち運ぶ為のカバンですが、スーツをパンツと一緒に最低でも二つ折りにしますので折り目がついてしまいます。
ですがこの「Curve Bag」は形状はスーツバッグと同じなのですが二つ折りにしないので折り目がシワがつかないのです。

と言いますのもこの「Curve Bag」はバッグの外皮とでも言いますか、バッグそのものがスーツバッグと同じ様にスーツを収納する為のケースになっているだけでなく、ジッパーを閉じるとダッフルバッグの様な形状になり、中に荷物を詰め込む事ができるのです。
そして「Curve Bag」そのものはドーム状に折り目なくジッパーで閉じる事ができますので、スーツにはシワ1つつかないと言う訳です。


重い荷物を運びやすいキャリー式


しかもこの「Curve Bag」には車輪と伸縮するハンドルが内蔵されており、引っ張って移動する事ができますので、長めの出張で着替えをたくさん持っている様な場合や、靴を何足か持って行く必要がある様な時は結構大容量なので便利です。


コンパクトに折り畳めてベッド下に収納可


そしてこの「Curve Bag」は収納しておく時もとても便利なのです。
何故かと言うと普通のキャリーケースは形を変える事ができませんので、キャリーケースの中に何も入っていなくてもキャリーケースの大きさ分のスペースを取ります。
ですがこの「Curve Bag」はと言うと、ジッパーを外しバッグの外皮を重ねる様にしてコンパクトに折り畳めば、クローゼットの隅やベットの下の狭い隙間に収納できてしまいますので、1ルームマンションに住んでおられる様な方には場所を取らないので便利です。

そして「Curve Bag」には効率良くパッキングが行える様にアメニティーポーチ、シューズケース、衣類の圧縮ケース等がセットになったものもラインナップされていますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/11946640/biaggi-curve-if-a-carry-on-and-a-garment-bag-had-a-baby

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です