Gateron or CherryMXキーを使い完全に自分好みのキーボードに仕上げられる、親指Fnキーボード「GK68X」

FPSゲームをプレイされる方にとってキーボードとマウスは言うなれば武器です。
その武器をカスタマイズしてより自分の手にしっくりと来るものにすると言う事は、それだけキーボードやマウスが自分の手足と同じ様に動くと言う事を意味しており、勝利へと導きます。

ただ市販のキーボードは予め決められた部品を使用して作られているだけでなく後から物理的にキーボードをカスタマイズできると言うものは少なく、今回紹介するキーボード「GK68X」の様に市販のキーを使ってキーを入替られるものもありますが、最初からキーはセットされた状態でキーボードとして使える状態でしか購入できません。

となるとカスタマイズするとなると、完成されたキーボードにプラスして更に追加で交換キーを購入する為の費用等が発生して来ます。

そこで今回は、完全にフルカイスタマイズできるキーボード「GK68X」をご紹介致します。


キートップナシで購入可能


では何故この「GK68X」がフルカスタマイズが可能なのかと言いますと、キーが付属しないモデルが標準になっているからです。
キーキャップと言ってキーに被せる文字の書かれた樹脂性のキャップは付属しますが、肝心のキー、つまりスイッチは付属せず、既に持っておられるキーを流用されたり、別途購入する事で、自由にキーを組み合わせてDIYできるからなのです。

またキャップについてはWindwos、Macどちらでも使用できる様に両方に対応したキーキャプが付属します。

そしてこの「GK68X」ではCherrMXとGateronキーが使用できる様になっていますが、赤軸が良い方は赤軸、茶軸が良い方は茶軸と自分の好みでキーを取り付ける事ができるだけでなく、リターンキーやスペースキーは茶、その他は赤、またそしてFPSゲームをされる方であれば方向キーや移動に使用するASDWあたりのキーは茶軸で、後は赤軸でと言う感じに自由に配置する事ができます。

更にキーボードはプラスチックとアルミの2素材がラインナップされており、プラスチックはホワイトとブラック、そしてアルミはシルバーとパープル色から選択可能です。


スペースキーは親指Fnキーにチェンジ


そしてこの「GK68X」は、フルキーボードではなく68keyしかなくゲームに必要なファンクションキーがありません。
ですからキーマクロを登録してプレイすると言った事ができないのですが、スワップモジュールと言うスペースキーを分割するパーツが用意されていて、スペースキーをスペースキー+Fn2キー+Fn3キーと3分割できる様になっています。
そしてスペースキーの位置をファンクションキーにする事で、キーボードの上段にあるファンクションキーよりも親指で叩きやすいファンクションキーとなり、技出しもスピードアップできます。


キー1つ1つに発光色を割り当てられるアプリ


またこの「GK68X」はキー1つ1つにフルカラーLEDを内蔵しており、専用アプリを使用する事で、発光パターンをキー1つ1つに細かく割り当て、キーボードの操作でバックライトの発光パターンを変える事ができる様にもなっています。
これは、ゲーミングキーボードの多くはこの「GK68X」の様にバックライトがフルカラーで点灯するものが多いのですが、これは暗い場所でゲームをプレイしたりする際にキーボードのバックライトが光った方がキーの識別がし易く、また色を変えられる事でキートップの文字を見なくても視覚的にキーの位置を認識する事ができる事からゲーミングキーボードのバックライトはフルカラーで光る様になっています。


3パータンのキーキャップをラインナップ


そしてキートップに関してもアルミの方はホワイト+特殊キーはグレーとレッド、グレー+ブラックとレッドで分けられた特殊キーの2色が用意されている他、プラスチッキキーボードはこの配色にプラスしてホワイト+ピンクとグリーンと言う色鮮やかな特殊キーのキートップを組み合わせたものもラインナップされています。

そしてまた、PCとの接続はBluetoothがUSB-Cのどちらかからの選択となっていますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/epomaker/epomaker-gk68xs-mechanical-keyboard

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です