手帳サイズ以下のものであれば、何でも挟んで持ち歩きできる手帳「FLEX Notebook & Planner」

みなさんは手帳にペン等以外のものが挟めたら便利なのにな、と思われた事はありませんか?
特に女性の服装ってポケットがありませんので、ミーティングや会議に参加する時にスマートフォンやモバイルバッテリー等を差し込む事ができれば、重ねて持った手が緩んでスマートフォンを床に落下させずに済みますし、ノートPCも一緒に重ねて持ち歩くと言う方であれば、マウス等やUSBメモリー、ディスプレイケーブルなどのノートPCで使用する周辺機器を手帳に差し込んだりする事ができれば、ノートPCが手から床へ滑り落ちて泣く様な事もありません。

そこで今回は、自分のスタイルに合わせて何でも挟み込める手帳「FLEX Notebook & Planner」をご紹介致します。


通す穴の位置で幅が変えられるゴムベルト


さて、この「FLEX Notebook & Planner」は何が特徴的かと言うと、表紙にいくつものペンを差し通す事のできるゴムベルトを使ったベルトループがいくつもついており、何本ものペンを通して持ち歩く事ができるので、ペンやシャープペンシルなどを複数常に持ち歩くと言う方には、ポケットにペンを入れて、座った時にペン先で足を突いて怪我をしたり、キャップが外れていてポケットの中がインクで汚れたりと言う心配がありません。

ですが機能はただペンを通すベルトループがついているだけではなく、このベルトは外す事ができ、何とベルトを通す位置を変える事でベルトループの幅を変える事ができるのです。

ですので、幅を太くする事でスマートフォンが挟み込めますし、iPhoneとAirPodsケースと言った組み合わせで挟んだり、iPadを使われている方なら安全の為にApple Pencilを挟み込んでおけば落とす心配はありませんし、充電器と充電ケーブルと言った様な組み合わせで挟み込む事もできますので、たくさん手に持ちすぎて落とす心配はもうありません。


3種類のフォーマットペーパー+ドットペーパー


次に手帳の機能として1番重要なのはどう言ったタイプのデザインのペーパーが入っているかです。
例えば仕事によっても白紙のメモ帳が多い方が良い方もおられるでしょうし、ToDoリストが多い方が良い方もいれば、毎日打合せや会議が多くて1ページに1週間のタイムラインが書き込めるメモがある方が良いと言った方がおられたりと様々です。

そしてこの「FLEX Notebook & Planner」では”MY CHALLENGE LIST”と言う、ページの半分は白紙ページで、もう半分はリスト形式の達成度をマークできるペーパー、”FROM CHALLENGE TO PROJECT”と言う実際にやらなければならない項目をスケジューリングする前段階の予定等をまとめるペーパー、そして”PROJECT TRACKING”タイムライン上にタスクを落として行くペーパーの3種類から構成されており、何か製品を作ったり、サービスを始めたりすると言うプロジェクトの管理をされている方に向いたペーパー内容となっています。

またこの他にフリーハンドでスケッチ等を書き込めるドットペーパーも含まれていますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/beblau/flex-smart-organizer-flexible-planner-and-creative-notebook

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です