AirPowerが出るまで待てない方に、最大3台のデバイスを同時にワイヤレス充電できる充電ベース+α「HomeBase」

毎年の様にWWDCC(ワールドワイドデベロッパカンファレンス)が開催される前になると話題に上るのがワイヤレス充電ベースのAirPowerです。
Appleは正式に開発を中止したとアナウンスしているものの、ユーザーの間ではWWDCの前や新製品の発表会前になると出るのではないか?出るのではないかと噂される幻のデバイスです。
と言いますのも既にモバイルデバイスではiPad以外は既に殆どの製品がワイヤレス充電に対応しているのに、Appleが出さない訳がないと思われているからです。

AppleのAirPowerは充電ベースのどこに置いても複数のデバイスが同時に充電できると言うのが目玉ですが、このどこでもと言うのが1番技術的に難しく、送電用コイルをいくつも並べると言う手もあるのですが、コイルとコイルを重ねると充電効率が下がりますし、かと言ってPanasonicが以前市販していたワイヤレス充電台の様に充電用コイルを移動式にして1番送電率の高い場所にコイルを持って行くと言うのも1台ならまだしも複数台となると技術的にはかなり大変です。

そんな諸問題が未だに解決されない為にAirPowerが正式にリリースされないのでしょうが、もう待てないと思っておられるユーザーは多いでしょう。そこで今回は3台のワイヤレス充電に対応したデバイスを同時充電でき、なおかとAppleWatchも充電可能なワイヤレス充電ベース「HomeBase」をご紹介致します。


置くのではなく、壁にかける充電ドッグ


さて、この「HomeBase」の様にAirPowerと似た様な充電性能を持つ充電ドッグは既にたくさんの製品が市販化されており、同時に何台も充電すると言った機能も備えています。
ただ従来の製品はAiePowerに似せている為に何台ものスマートフォンやAirPodsの様にワイヤレス充電に対応したデバイスを載せる為に面積が広く、それをデスクやテーブルの上におかなければならず、テーブルやデスクが狭いとこの充電ドッグの面積の広さが導入のネックとなって来ます。

そこでこの「HomeBase」は横幅は36cmありますので、スマートフォンを2台並べて置くには十分な大きさなのですが、これをテーブルの上に置いて使用するにはかなりテーブルやデスクの上を占領しますので、何と壁にかけられる様にしてあるのです。

ですからテーブルの上に置かないので邪魔になる様な事はありませんし本体側面にはマグネットベースとなっており、鍵やキーホルダー等を引っ掛けておく事ができますのでリビングのドアサイドに置いておくと鍵も目立つ場所にかけておく事ができますので、良いかもしれません。


ワイヤレス充電3台+1


さて肝心の「HomeBase」の充電性能ですが、この「HomeBase」には60W出力のUSB-C電源アダプタが付属しており、Qiワイヤレス充電では最大10W(iPhoneは7.5W)で急速充電ができる性能を持っています。
しかも3台のデバイスを同時に充電できるのですが、そこにはちょっとしたルールがあり、送電用のコイルは中央付近に配置されていますので、スマートフォンであればディスプレイの下側を「HomeBase」の中央付近に置くのがコツで、下側を「HomeBase」の外側に向け端に置くと充電されない事があるかもしれませんので要注意です。

またスマートフォン3台の同時充電は物理的に無理で、AirPodsの様な小さなQiワイヤレス充電に対応したデバイスを中央に挟んで3台と言う形の充電となります。

そしてこの「HomeBase」には何と!!AppleWatchも充電する事ができるのです。
ただそのまま「HomeBase」の上に置けば充電できると言うのではななく、$10で追加購入できる”Apple Watch Mount”なる充電アダプタを側面のUSBポートに差し込み、「HomeBase」の上にセットし、Apple Watchを置く事で充電する事ができる様になります。
どこに置いても充電できると言うAirPowerの様にはいきませんが、Appleユーザーはこの「HomeBase」1台で全ての製品をワイヤレス充電できるのですから、こんなに嬉しい事はありません。


3つの機能を持ったBoomBox3.0


次にこの「HomeBase」には一緒にまたは別に購入する事ができるBluetoothワイヤレススピーカーがあります。
このBluetoothスピーカーはBluetooth5.0規格に対応し10,000mAhの内蔵バッテリーで最大96時間もの連続再生ができるのですが、それにプラスしてワイヤレス充電の機能を持っています。
ボリュームの+,-ボタンがついた面がワイヤレス充電用の送電コイルが内蔵されており、ここにスマートフォンやワイヤレス充電に対応したデバイスを置く事で最大10Wで急速充電する事ができます。

また側面に充放電用のUSB-Cポートを1ポート、USB-Aポートを2ポート備えており、ワイヤレス充電に対応していないデバイスも充電できる様になっています。

更にこのBluetoothスピーカーは防塵・防水構造になっていますので、ビーチサイドの様な場所でも安心して使う事ができる様になっています。

そしてこの”BoomBox3.0”を「HomeBase」の中央部分に置く事で、何と”BoomBox3.0”をワイヤレス充電しながら出力されるサウンドを「HomeBase」が拡大して再生すると言うコンビネーション機能も備えており、この連携プレイがちょっと興味をそそります。
ですから「HomeBase」と”BoomBox3.0”を据え置きのワイヤレススピーカーとして利用すると言う使い方もできます。


ソーラー充電可能なJuicePack


そしてまたこの「HomeBase」にはオプションでセットで、バッテリー容量20,000mAhのソーラー充電可能なモバイルバッテリー”JuicePack”も用意されています。
この”JuicePack”はアウトドアでの使用やビーチサイドでの使用を考慮してIPX7防水機能を備え、更に耐衝撃性も備えています。

そしてこの”JuicePack”もQiワイヤレス充電機能を備え、ソーラーパネルとは反対側の面に送電用のコイルを内蔵しており充電ケーブルレスで最大10Wでワイヤレスで急速充電を行う事ができますので、ビーチサイドなど水辺でスマートフォンを充電する様な場合、漏電等を気にしなくて良いので便利ですので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/solgaarddesign/solarbank-boombox-and-homebase

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です