ホクロ!?シミ!?それともメラノーマ!?、気になる皮膚の部分をチェックする「NOTA Mole Tracker」

みなさんは年を取ってホクロやシミが増えて来て気になったり、ちょっとシミが出来たなぁ〜と思ってたら気が付かない間に短期間に大きくなっていて、ネットで調べるとメラノーマ(悪性黒色腫)と言う皮膚ガンがヒットしてメラノーマだったらなんて事が気になっていたりはしませんか?

実際、歳を取ると日焼けした跡がそのままシミとなって残ったり、ポツポツと身体のあちこちにホクロが出来て来たりしてそれも気になりますが、最近はオゾン層の破壊もあって地上に降り注ぐ紫外線の量も増えていますから、昔の様にビーチで肌を焼いていると必要以上に皮膚が紫外線によってダメージを受け、メラノーマが出来やすいとも言われています。

ですから余計にみなさん気になる所だと思いますが、家庭で簡単に診断できるガジェットがあれば、助かりませんか?
もしメラノーマの可能性があるのであれば、なかなか皮膚科に行って検査したいけれども現実にそうだと言われると怖くて行けないと言う心境を後押ししてくれます。

そこで今回はスマートフォンを使って簡単にメラノーマがホクロかシミかをチェックできる「NOTA Mole Tracker」をご紹介致します。


インピーダンスの違いをチェック


メラノーマを診断するアプリは実は従来からあります。
ただそれは画像診断で、AIを使ったものではない為、精度はかなり低いもので、AIを使った画像診断でも撮影の仕方によってはどうしても差が出て来ます。
そこでこの「NOTA Mole Tracker」ではホクロと悪性腫瘍、つまりメラノーマとでは皮膚の水分量が違う事に着目してインピーダンス(電気の流れやすさ)を計測する事で判断します。

その手順はとても簡単で、ホクロの写真をスマートフォンでまず撮影します。
次にホクロの近くに皮膚にこの「NOTA Mole Tracker」を押し当ててインピーダンスを計測した後に、ホクロの上にこの「NOTA Mole Tracker」を当ててインピーダンスを計測し、近くの皮膚よりインピーダンスが高く(流れる電流の量が少なく)それがメラノーマ特有の違い、差であればメラノーマと判断します。


継続的に変化をトラッキング


そしてメラノーマは最初からガンなのではありません。
最初は小さなホクロでも次第に大きくなって行き、ある時点でメラノーマに変化します。
ですからこの「NOTA Mole Tracker」ではスマートフォンでホクロの画像を継続的に記録して行く事ができる様になっていますので、早期発見できますし、自分では見えない位置の首や背中のホクロ等も家族に見てもらい全身のホクロを継続的に管理する事ができますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/notabrand/nota-mole-monitor

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です