1軸しかないけれど、自撮スタンドにもスタビライザーにも変身するスマホ用多機能ジンバル「iSteady Q」

最近のスマートフォンのカメラには手振れ補正と言った機能が搭載されており、昔の様にスマートフォンで撮影した動画はよく揺れて見ている方が酔ってしまうなんて事は非常に少なくなりましたが、それでも移動しながらの撮影となると縦揺れは完全に吸収する事はできませんし、激しく上下左右に様な状況下も完璧にその揺れを吸収する事はできません。

そこで安定した映像を撮影するのに欠かせないのがスタビライザー兼ジンバルで、総称してジンバルと言うジャンルでくくっていたりしますが、スタビライザーと言うのはカメラの揺れを吸収する為の装置の事で、ジンバルはカメラのレンズが向いている向きをモーターを使って上下左右、自由自在に動かす装置で、電動雲台とも呼ばれていたりしますが、高性能なスティッピングモーターを使う事でどちらの機能も実現する事ができ、今では両者の機能を併せ持ったジンバルがカメラ用、スマートフォン用とたくさん売られています。

そして今回紹介する「iSteady Q」は1軸ながら非常に使い勝手が良く何より安価なのがオススメなポイントです。


自撮りにはとっても便利なフェイストラッキング、モーションコントロール機能搭載


ジンバルの基本は縦方向(チルト)と横方向(パン)に動かすモーターが内蔵されており、どの方向からの揺れも吸収するだけでなくカメラを可動域は決まっているもののジョイスティック等の操作で思いの方向へと動かす事ができます。

ですが今回紹介します「iSteady Q」はスマートフォンを動かす為のモーターは1つしか内蔵されておらず制御に制約はあるものの、軸方向を上に向ける事で360°回転させる事ができますので、パノラマ撮影が可能な他、左右に微妙なズレと言ったものを補正できますので、この「iSteady Q」をどこかに置きスマートフォンを載せて自撮りをすると言った際にはフェイストラッキング機能を併用する事で常に画角の中心に自分を捉えた様な状態での撮影が可能ですので、昔の様に撮影しては確認して、またちょっと方向を微調整してと言う様な手間を省く事ができます。
またモーションコントロール機能を搭載しており、手を動かすと言った動作でシャッターを切ったりする事ができますで、タイマーに合わせて合われてポーズをとったりする必要がない他、ワイヤレスリモコンが付属しており、このリモコンを使っての操作も可能です。


1軸でも手振れは余裕で吸収可


そして1軸しかありませんが、モーターをスマートフォンと平行にする事で時計方向、反時計方向にスマートフォンを回転させる事で左右や上下のある程度のブレは余裕で補正できます。
ただ1軸しかないので前に倒す、後ろに引き起こすと言った方向の補正はできませんので、逆に足下を急に撮影する、空を見上げると言った操作を行う場合、ヌルッっとした動作にはならずクイックに画面の方向を変える事が1軸の場合には出来ます。

また回転方向にモーターは動きますので、スマートフォンを縦向きから横向き、横向きから縦向きと言った撮影画面の回転が簡単に出来るのも1軸ジンバルのメリットです。


ホルダー部分が小さくコンパクトに収納可


また「iSteady Q」は折り畳むとその断面のサイズは36mm×54mmで長さは140mmと非常にコンパクトに折り畳まれ、折り畳んだ時のサイズは折り畳み傘よりもコンパクトで女性の小さなセカンドバックやショルダーバックにも収納して持ち運びし易く、何人か集まった時に記念に集合写真を撮影したいと言う様な時に、持ち歩いていればサッと取り出して撮影ができますので便利です。

更に移動撮影ではなく「iSteady Q」に乗せて集合写真をリモート撮影すると言った場合は「iSteady Q」のホルダーに挟むのではなく差し込んでの撮影になりますので、セットが簡単でかつ一瞬に出来る事から各々のスマートフォンで撮影したいと言う様な時もあまり時間をかけずに撮影が行えますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/hohem/isteady-q-smart-selfie-stick-tripod-with-360-ai-tracking

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です