ソロキャンプや緊急時、災害時に火を起こす為の必須ガジェット、ファイヤーボックス「Scout Stove」

今回紹介するファイヤーボックスはBBQコンロ、ストーブ、焚き火台等と様々な名前で呼ばれたりするアウトドアで火をおこす為の必需品です。
このファイヤーボックスは基本的には折り畳め、中にはシート状に折り畳めるものもあり、携行するには十分小さくハイキングやトレッキングに行く際にファイヤースターター(火打ち石)等と共に携帯しておくといざ遭難したのと同じ様な状態に陥った時に暖を取ったり、食事を作ったりする際にとっても便利な道具です。

中には木材の他に様々な燃料が使えるものもあるのですが、今回紹介する「Scout Stove」ほどマルチなファイヤーボックスはありません。


丸太まで燃やせるファイヤーボックス


今回紹介する様な掌に乗る様な小さなファイヤーボックスでは基本的には燃料には枯れ枝を使用するのが一般的です。
そのため側面に枯れ枝を差し込む為の大きな口が開が設けられているのですが、今回紹介します「Scout Stove」の内辺が一辺あたり4インチ=約102cmなので直径が100cm、つまり直径10cm程度4つ割りにした高さも10cm程度までの丸太の様な太い材木も燃料にする事ができるのが便利な所です。
何故なら枯れ枝は燃焼スピードが早い割には火力はそう強くなくケトルで湯を沸かすのも結構時間がかかりますが、密度の高い木の幹を燃料に出来ると言う事で火床としての燃焼時間も長くそして熱量も多いので調理なども素早く出来るほか、寒い時期はこんな小さなファイヤーボックスでも十分に暖を取る事ができます。

それには何気に無造作に空けられている空気を取り入れる為の穴が関係しており、燃焼に伴う上昇気流によってより多くの酸素が取り入れられる様になっています。

また蓋の役目を果たしているカバーを底にする事により燃えかすは蓋に落ちますので周囲の環境を汚す事がありませんし、火床から蓋のケースの分だけ地面よりも高くなりますので地面に生えた草花を熱から保護しますので、この「Scout Stove」は使用する際の環境への配慮もよく考えられています。


様々な燃料が利用可能


そして枯れ枝や木材の他にこの「Scout Stove」では缶燃料やトランギア社のアルコールバーナーだけでなくプロパンやイソブタンを燃料とするガスバーナーも2本のピンによって高さを調整する事でしっかりとした空気の流れ確保する事で利用する事ができますので、言うなれば熱源に対してはオールマイティーと言えます。
またそう言った燃料を使う際には「Scout Stove」が風防の役目も果たしますので、風の強い日でも安心して使えます。

更にはこの「Scout Stove」ではオプションで用意されているマルチ燃料用-網を使う事でペレットの他、固形燃料などを直接置いても使えますし、何と木炭も燃料として使えるのが便利な所で、自宅のリビングで炭を起こして一人焼き肉、一人焼き鳥なんて楽しみ方も可能です。


初心者に優しい全部セット


そしてこの「Scout Stove」はフィイヤーストーブのみなのですが、これからソロキャンプを始めると言った方の為にトランギア社のアルコールバーナーやファイヤースターター、鍋などがセットになったものも用意されています。
この鍋は鍋の中に「Scout Stove」を収納できるサイズになっていますので荷物をコンパクトにまとめる事ができます。

またこの他にも同サイズのチタン合金製のファイヤーストーブや、3インチのちょっと小ぶりのフィヤーストーブ、持ち手部分が分離するフライパンと言ったキャンプに必要なものもオプションで用意されていますので、ラインナップと詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/foldingfirebox/firebox-scout-emergency-survival-stove

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です