Newガジェット

1枚1枚のカードを個別にポップアップ可能なNewタイプのカード財布「ACM® 2.0」

最近は小さな商店でもQRコード決済が使えるなど、日本でもキャッシュレス決済が様々な場所で使える様になっており、現金を持ち歩く必要はなくなりつつあります。
とは言ってもスマートフォンをカードリーダーに通す事は出来ませんので何枚かのクレジットカードと、もしも現金が必要な場合に備えてキャッシュカードか現金は持っていた方がベターです。

そこで便利なのがカード財布と呼ばれるジャンルの財布で、カード財布には何枚かのカードと現金を挟んでおける機能を持っているのが一般的で、今回紹介するカード財布「ACM® 2.0」はポップアップ式と言うタイプのカード財布なのですが、そのポップアップ方法が今まで見た事がない超便利なNewタイプの方式になります。


1枚ずつカードをポップアップ


今回紹介するカード財布「ACM® 2.0」は、ポップアップ式と呼ばれるタイプのカード財布で、ポップアップ式はレバーを操作するとケースの中からカードが階段状になって飛び出して来るのですが、この「ACM® 2.0」は階段状にではなく1枚1枚カードが飛び出してくると言うのが従来のポップアップ式カード財布にはなかった斬新さです。
確かに階段状にカードが飛び出して来るカード財布も収納されたカードのデザインを確認する事ができるので、目的のカードは見つけ易いのですが、カードの段差は数ミリなので取り出し易いかと言えば、カードをつまみ上げる形になりますので、爪がないと少しきつい部分があるのは確かです。

ですがこのカード財布「ACM® 2.0」の様に1枚ずつカードがポップアップすれば取り出し易いのは言うまでもなく支払もスムーズに行う事ができ、最大で6枚のカードを収納する事ができます。


交換可能なクラッチパット


次にこう言った稼働部分があるガジェットでは、いつかは一部のパーツが破損して使えなくなり、この「ACM® 2.0」で言えばケースはアルミ合金の切り出しですので、壊れるのは底部のカードを持ち上げる樹脂製のギミックか、両サイドからカードがスリ抜けない様にカードを抑えているクラッチパットと呼んでいる樹脂製のパーツのどちらかになります。
ですが倉知パットはカードを出し入れする際に接触し摩擦を起こすため破損すると言うよりはカードとの摩擦で削れて行き、いずれはえぐれてしまってカードを押さえつけられなくなります。

そこで「ACM® 2.0」では摩耗して削れてしまうクラッチパットに限っては補修パーツを用意しており容易に交換できる様にも設計してあるため、「ACM® 2.0」は一生使い続ける事ができます。


マネークリップ


そしてこの「ACM® 2.0」にはマネークリップがついており、カードケースの中にお札を畳んで入れると言う事はできませんが、マネークリップに数千円挟んでおけば、食事をする為に入った飲食店がカードもICカードもQRコード決済も使えないと言った店であった場合、この挟んでおいた現金を使って支払をする事が出来ますし、マネークリップはレシートを挟むのにも便利ですので、もし詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/acmwallet/the-new-acm-20-wallet-evolution

真冬でも真夏でもオールシーズン快適に過ごす事ができるハンモックテント「CRUA Culla Hammock Wrap-Around V2」前のページ

女性でもビット交換が可能な差し込み式チャックが超便利そうなコードレス・リューター「Hanboost S1」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    最新15インチMacBook Proをたった90分で充電する驚異のUSB-C PD 100W出力モバ…

    Windowsに比べいち早くUSB-Cを採用したMacでは、従来の周辺…

  2. Newガジェット

    Androidスマホのゲームをゲーミングキーボードを使い大画面テレビで遅延なくプレイが可能な「Any…

    いつかはパーツ1つ1つを自分で選び、ゲーミングPCを自分で組み立ててF…

  3. Newガジェット

    30°の傾斜をつける事で目盛の読み取りを劇的に良くしたアルミ定規が更に進化した「30° RULER …

    みなさんは直定規の目盛が見辛いなんて感じる事はありませんか?そんな…

  4. Newガジェット

    アルカリイオン水によって残留農薬の約90%以上を除去する折り畳みボール「Garrnish Pesti…

    みなさんはスーパーで打っている野菜には必ず農薬が残っているってご存じで…

  5. Newガジェット

    ABSやPLAと言ったフィラメントの他に2.85mmTPRフィラメント造形が可能な3Dプリンタ「Ca…

    大きな期待を頂いて買った3Dプリンターですが、想像していたものとは違い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP