Newガジェット

レーザーマーカーを照射する事でより正確により早く長さの計測が可能になったローラーメジャー「NeoRulerGO」

ローラーメジャー、ローラー定規ってご存じですか?
このローラーメジャーは円盤に目盛が刻まれており、長さを計測したいモノや場所に接触させた状態で円盤を転がして行く事で長さや距離を計測する事ができます。
ですので、直線を正確に計測すると言った用途は普通の直定規やテープメジャーを使った方がより正確に計測する事が出来ますが、例えば円形のテーブルの外周の長さを測ったり、紙の地図なんて最近あまり使いませんが、紙の地図上で目的地までの距離を計測すると言った場合、道のりに沿って目的地までコロコロと転がして動かして行けば、ほぼ正確に目的地までの距離を計測する事が出来ます。

そんなローラーメジャーにレーザーマーカーを搭載したローラーメジャー「NeoRulerGO」を今回はご紹介致します。


精度を上げるレーザーマーカー


ローラーメジャーの場合、まず始点となる部分にローラーメジャーにプリントされたゼロの目盛を合わせて移動させ、終点となる部分に移動した時の目盛を読み取りますので、いかに目盛の部分をきっちりと合わせるかが精度へと大きく影響します。

その点今回紹介するローラーメジャー「NeoRulerGO」は、十字に照射するレーザーマーカーの交点部分を始点に合わせ、終点においてもこの交点部分とに重ね合わせるだけですので、メジャーの横から覗き込みゼロの位置にピッタリと始点を合わせると言った作業をせずとも計測が出来ますので、簡単かつ正確にそして素早く計測する事が出来ます。

更にローラーメジャーでは長さを計測する際にクネクネとまではいかないものの曲がってしまうとその分だけ余計に加算されてしまいそれが誤差となってしまいますが、この「NeoRulerGO」ですとレーザーマーカーの交点部分を目印となるプリントされた直線であるとか、エッジ部分に重なる様に動かす事で真っ直ぐに移動させる事ができ正確な計測が可能となります。

そして一般的なローラーメジャーでは部屋の広さを計測すると言った場合に床と壁の継ぎ目に円形のメジャーのゼロ位置を合わせると言う事は無理なので、垂直に立てた状態で壁にメジャーを当てて反対側の壁に当たるまで移動した後にローラーメジャーの直径を足すと言った様な非常に面倒な計測と計算をしなくてはいけませんが、この「NeoRulerGO」ならレーザーマーカーを壁と床に繋ぎ目に当てた状態で動かし、そして反対側の壁まで来た際にもレーザーマーカーを壁と床との継ぎ目に当てるだけで計測ができますので、ずっと簡単にそして正確に計測する事ができます。


自動縮尺換算


次にこのローラーメジャーはミリやセンチ、インチやフィートでの計測の他に縮尺換算を自動的に行ってくれるモードも備えています。
例えば地図や建築図面などは何分の一と言う形で実際の長さや距離を縮尺して記入しますので、例えば図面上で3cmであった場合、1/50の縮尺だと150cmと言う事になりその都度元の長さの計算をしなくてはいけません。
ですがこの「NeoRulerGO」では縮尺と単位をセットすれば、地図であればメートルやキロメートルでディスプレイ上には表示してくれますので、そこの面倒な計算をせずに済みます。

そしてまた、スマートフォンに専用のアプリをインストールしておけば計測した数値はスマートフォンに送られ計測結果の長さや距離をメモしておく事ができますし、例えば部屋の寸法を計測するのであれば、部屋の写真を撮影した上に今計測した長さを重ね合わせる事も出来ますので、後からこの長さってどこ場所だったっけ?と言う様な事が起こりません。


NeoPencilCase


そしてこの「NeoRulerGO」には”NeoPencilCase”と言う、ローラーメジャーのハンドル部分を延長する為のアダプタがオプションで用意されており通常、ローラメジャーと言うのはデスク上に置ける様なものを計測する為に指で摘まんで持てる様に小さく作られています。
一方で部屋の幅を計測すると言った場合では、膝立ちするかしゃがんだ状態で少しずつ自分も移動しながら距離を計測しなくてはいけませんので計測が非常に大変です。

そこでこの”NeoPencilCase”を「NeoRulerGO」に取り付けてハンドル部分を長くする事で腰は折り曲げなくてはいけませんが、立った状態で移動して計測する事が出来ますのでより楽に素早く計測する事が出来ます。

更に”NeoPencilCase”の中には”NeoPencil”と言う、交換できるグラファイトチップのペン先が取り付けられる超硬い鉛筆、言うなればメタル鉛筆が収納されており、紙にメモを取ったりする際に使ったり、マーキングしたりする際に使用できるほか、12色のグラファイトチップが付属しており色を変えてマーキングしたりメモを取ったりする事も出来る様になっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/hozodesign/neorulergo-carry-smaller-measure-smarter

AndoidスマホやiPhone15シリーズをモバイルゲーム機に変えてしまうゲームコントローラー「Mytrix」前のページ

LEDライトやライターと言ったちょっと変わった機能を搭載したUSB-C PD240W USB-Cケーブル「ELF Cable」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    ダブルジッパーの圧縮バッグを出したメーカーがリリースするTPOに合わせて変形するバックパック「Tas…

    みなさんはバッグっていくつくらいお持ちですか?少なくとも学校や会社…

  2. Newガジェット

    フリクションペンを使う事でサッと一拭きで簡単に消せるデジタルノート「Rocketbook Orbit…

    みなさんはフリクションペンはご存じですか?フリクションペンは書いて…

  3. Newガジェット

    水さえあれば調理可能な携帯性バツグンなシリコン製加熱調理器「YABUL COOK」

    ハイキングやトレッキングで山に登ったり、釣りに出かけたりした時に、身体…

  4. iPad

    小さいのにパワフル!!USB-C PD100W給電にも対応したケーブル付き収納機能付きUSB-Cマル…

    みなさんはデータを貰おうと大容量のポータブルSSDを持って行ったのに、…

  5. Newガジェット

    バッテリーの一生涯保障がとっても魅力的な最大1800W出力AC電源モジュール「DELTA」

    先月、関東を襲った台風15号は送電線を支える鉄塔を倒す等の甚大な被害を…

  6. Newガジェット

    どこにでも身につけて歩き回れる小ささが魅力的なキーチェーンサイズのBluetoothスピーカー「Ke…

    常に音楽を聴きながら家事をしたり仕事をすると言う方がおられますが、その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP